20代で昇給で10万目指すのは非効率!副業で10万稼ぐ方が良い理由

みなさんどうも!SUGIです!

近年の雇用形態は著しく変化していて、一部の大手企業でも副業を認める流れになってきています。

とはいっても、ほとんどの人がサラリーマンとして企業に属し、毎月のサラリー(月給)をもらって生活している方が多いと思います。

あなたがどんなに頑張って、会社に月100万円の利益を上げたとしても、その報酬は、数千円か、1、2万円程度…。なんてこともあるかもしれませんし、年1回の査定で、お給料アップしても平均5000円程度、インセンティブは雀の涙なんてことも…。

でもみなさんの頑張った価値ってそんなものじゃないですよね。しかし、現実は厳しいものです…。

では、どのようにすればいいと思いますか?

従来の縦社会は崩壊し、個人が影響力を持つ時代になる

そもそも、会社員の昇給率を考えてみると明らかに労力に対しての対価が見合わないことに気づくと思います。

一般的な労働者の平均昇給率は「月額の2%」と言われています。月20万円の給料だとしたら4000円UPです。では、月10万円収入を上げたいとしたらどうなるでしょう?

そうです、10万円昇給させるためには、20年以上かかることになります。

仮にインセンティブ制度がある企業だとしても、そのインセンティブのラダーをみればわかるように、かなり会社に吸い取られる金額設定になっていると思います。

100万円稼いでやっと数万〜10万ぐらいもらえる…。という感じでしょうか。

昇格すれば役職手当がつくけど…?

社内で毎月実績を出し続けて周りからの信頼も熱く、努力が認められれば晴れて、役職者になることができます。そうすれば役職手当という基本給の底上げができるわけです。

しかし、中小企業になる程、役職者の数は少ないものです。そう考えると相当な実力がない限り、短期間で役職につくことは非常に難しいと思います。

役職につくまでに5年〜、10年〜なんてかかることもあり得るわけですので、そう考えると役職手当をあてにしたりすることもあなたの大切な時間や労力を喪失するリスクになってしまいます。

まして、ブラック企業と言われる悪徳企業では、そうしたインセンティブや、役職手当というのはあてにならないケースがあります。

役職手当がついた分、基本給が減額されたらどうでしょうか?そうすると月給が上がるどころか変わらない。ひどい所だと減ってしまっている…なんてこともあり得ます。

企業は社員の面倒を見きれない

最近のニュースでは、とあるエステサロン会社が、従業員に対して残業代を未払いのまま最長70時間勤務させるという事件があり、従業員により会社が提訴されました。

もちろん、経営難になっていた可能性もあるので、ニュースだけで一概に会社が悪いということは断言できませんが、少なからず悪徳な雇い主も存在するわけです。

それ以上に今の時代は、会社組織に属しているだけで食いつないでいくことがリスクになる時代になってきたと言えます。

先ほど冒頭でもお伝えしたように、一部の大手企業も副業を認めるようになってきたわけです。国としても、破綻した年金制度に頼られるよりも、国民一人一人が自立して、自分のビジネスを持ったりして稼げるようになった方がいいわけです。

つまりは、自分のことは自分で責任を持つ世の中になってきたということですね。

そもそも世の中がこんなにも変わっているのに、世間の常識がまだ「いい大学に入っていい会社に入って安定して暮らす」ということに疑問を持つべきです。

気づいた時には時代に取り残され、金銭的にも、時間的にも不自由なライフワークを過ごすことになってしまいます。

今からでも遅くありませんので、まずはちょっとした副業からでも初めて見るといいのではないでしょうか?

意外と副業はかんたん?

先ほど、昇給で月数万円増やすのは大変とお伝えしました。では、副業で月10万はちょっとハードルが高いので、まずは3万円から初めて見ることをオススメします。

実は副業で3万円はそれほど難しい金額ではありません。言っていいのか分かりませんが、私自身、実は月10万円ほど副業で稼いでいます。

副業の場合、どんな仕事をやるか、自分の得意分野で頑張るかどうか、いつ、どこで仕事をするかすら全部自分で考え、選ぶことができるからです。

私の場合はWEB制作やマーケティングが中心ですが、興味のある分野を自分で勉強して、そこからビジネス展開すればいいわけです。

それに会社みたいに利益を搾取される可能性もないので、自分で稼いだ分がそのまま利益になります。

既にできる人から学ぶことの重要性

よし!さっそく勉強しよう!と意気込むことは大変素晴らしいことですが、学ぶだけで実際に行動に移さなければ、状況は何も変わりません。

大切なのは、学んだことを行動に落とし込んでいくことです。

しかし、いきなり行動しろって言われても…。ってなりますよね(笑)

なので、実際に友人や、会社の同僚や先輩など、副業や自分のビジネスで起業している人がどんなことをしているのか、具体的なことを知ることでより学びのスピードも上がっていきます。

私自身も一人だけではなく、先輩マーケッターやWEB関連で起業している方々に指導していただいたり、会社の上長とビジネスについて話したりと、たくさん学びを得ています。

まとめ

この世界はやるだけやった人が劇的なアドバンテージを得ることができます。

RPGゲームでいう、敵に倒されるのが怖いから、戦いに行かないキャラクターと、敵をどんどん倒してレベルアップしていくキャラクターだったら明らかに後者の方がストーリーを進めるスピードは早いですよね。

不自由な生活になってしまう前に、人生を変えられるようみなさんも行動量を増やしていきましょう!

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です