クリスマスが仕事で会えない…一人で満喫できるおすすめの過ごし方

どうも!SUGIです!

みなさんクリスマスは楽しみでしょうか?

幼き頃はクリスマスプレゼントが貰える!とウキウキ、ワクワクしていたと思いますが、大人になると、せっかくのクリスマスなのに一人ぼっち…なんてこともあって寂しいですよね。

カップルの約半分はクリスマスで「仕事で会えない」

なんと寂しいことでしょうか…。クリスマスが”恋人の日”とも捉えられるようになってから数十年は経っているのにも関わらず、半数近くが「今年のクリスマスイブに会う予定がない」そうです。

アンケートサイト「Qzoo」が男女1,000人を対象に実施した「クリスマスに関するアンケート調査」では、44%の人たちが「今年のクリスマスに会う予定がない」ということで、会えない理由のトップの76.2%が「仕事の都合で会えない」でした。

クリスマスの日が繁盛期だったりする会社では、どうしても忙しく、仕事を休みづらかったりするものですよね。

クリスマスなのに、デートより仕事を優先させる理由

忙しかったりしても、有給を使えば休むこともできるわけです。しかしなかなかそうもいかない本当の理由とは一体なんなのでしょうか?

本当に仕事が忙しい

会社によってはクリスマスシーズンから年末にかけてとても忙しくなります。

しかし、普通の事務仕事なんかでも、年末年始の連休に向けて、前倒しで処理しないといけませんし、飲食店ならば、まさにクリスマス&忘年会シーズンの繁盛期です。

本当に、仕事が忙しくて、物理的に不可能なのです。その場合は諦めましょう。

イベントに興味がない

これは、人によって価値観が違うので仕方ない部分でもありますが

イベントごとにあんまり興味がない人も男女ともに一定数いるようです。

本気でそういうイベントに元々興味がない人は、普通に仕事をして過ごしたり、自分の趣味の時間に当てたりする方が多いので、話し合いをして、妥協点を見つけてあげる必要がありますね。

どうしても…という方は、諦めずに「クリスマスにデートがしたい」という気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

デートやプレゼントにお金をかけたくない

中には、どけちでデート代やプレゼント代がかかることを敬遠している人もいます。

イベント嫌いでもないし、特に仕事が忙しいわけでもないのに、クリスマスにお金をかけない場合は、あんまりそういうプレゼントとかが好きではない人だったり、お金に対して堅実な人なのかもしれません。

もしかしたら、まだプレゼントを貰えるほどの仲まで発展していないかもしれませんので、少しづつ仲を深めていきましょう。

もしかして浮気?実は本命とデート中?

あまり想像したくありませんが、「仕事だから忙しい…」はウソかもしれません。

恋人だと思っていた彼・彼女なのに実は浮気相手だった!とか別に本命がいた!

なんていう悲しい事情もあるかもしれません。

クリスマスを一人で楽しむ方法は?【クリぼっち】

できれば一人寂しくクリスマスを過ごしたくはないものですが、万が一クリぼっちになってしまっても開き直って楽しく過ごしましょう!

自分もバリバリ働いちゃおう!

クリスマス〜年末シーズンは、ほとんどの人が皆休みたいと思っているはずです。

しかし、あなたが恋人がいなくてフリーだったり、恋人や友達が仕事で休めないなら、あえて仕事に熱中してもいいでしょう。

クリスマス商戦にしかない単発のお仕事も結構ありますので、まとまったお小遣いを稼ぐにもいいかもしれませんよ。

「クリスマス限定彼氏・彼女」を作る

さすがに、恋人がいる人がクリスマス限定で別の人と付き合うのはまずいと思いますが、フリーで寂しいと感じる人なら、思い切ってナンパ感覚で誘ってみるのもアリだと思います。

20〜30代の女性の約半数が、「クリスマス限定彼氏」はアリと思っているらしいので、もしかしたら、ドラマティックな恋がスタートできるかもしれませんよ。

友達や家族と過ごす

友達同士で集まってクリスマスパーティをしても楽しいと思いますし、実家住まいの人は、家族と一緒にケンタッキー片手に過ごしてもいいかもしれません。

別にデートじゃなくても、家族や友達と一緒にまったり過ごすクリスマスもいいと思いますよ。

SNSから離れてみるのもアリ

特にこうしたイベントごとってついついSNSばっかり見たり、愚痴ったりしてしまうものです。ネガティブな感情が生まれて嫌な気分になるくらいでしたら、SNSを断って、友人や家族と現実で交流を深めた方がいいと思います。

まとめ

働き盛りの時期に重なってしまうので、なかなかクリスマスの日は休めなかったりするものです。恋人がいる方はぜひ予定を開けて一緒に過ごしてあげましょう。フリーの人は自分なりの理想的なクリスマスを満喫できるように、今から企画してもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です