職場の人間関係に疲れて転職するのが不安な人に必要な5つのこと

人間関係に疲れた…。で会社を辞めて大丈夫?

会社で務めていると誰しもが上司や先輩、同僚や部下となかなか上手く行かずに人間関係に悩んでしまい、仕事が思うように手付かずになったりしてしまうこともありますよね。

まして、職場で孤立してしまったりすること状況はかなり厳しくなってきます。

そうした状況が続くと膨大なストレスがかかってしまい場合によっては病んでしまいかねません。

そうした人間関係がきっかけで転職しちゃっても大丈夫なのか?という不安に、これまで数社みたり、労務を実際に経験した身からお伝えしたいと思います。

会社を辞めるべきか見極める3つの考え方

出来れば仕事を続ける越した事はありませんが、それでも続ける事によって、自分の身が危うくなったりする場合もある最低限の判断基準は持っておくべきなのではないかと思います。

とくにこの3つに当てはまるような状況なのではあれば本格的に退職を検討すべき段階でしょう。

うつ病寸前?精神的に壊れそうなら辞めるべき

毎日多大なストレス抱えながら無理をし続けてしまうと、それこそうつ病やパニック障害などの精神疾患にまで発展してしまうリスクがあります。

一度精神疾患になってしまうと回復するまで業務に支障が出るだけでなく、社会復帰が難しくなっってしまいかねません。そうなると、かなり深刻な状況になってしまい生活どころではありません。

会社の就業規則によりますが、ちゃんと休職制度を設けている場合もあるので、そういう場合は症状がさらに悪化してしまう前に出来るだけ休職制度を利用して自分を守ってあげましょう。

人間関係が修復出来なさそうなら辞めてもいい

また、ストレス過多の起因になりえるほどの人間関係の悪化が起きてしまっている場合は、勤務部署を移動したり、社内でも厳しそうであれば転職せざる終えないケースもあります。

判断基準は、自分のプライドを捨ててでも真剣に相手とのコミュニケーションを図り、出来ることを全てやった上で、解決できるかどうかです。

1つ謝罪を入れるだけでトラブルや確執が解消されることもあるので安易に会社を辞めると考えるのはあまり良策とは言えないですね。

もし、ちゃんと努力しても関係修復が厳しそうであれば環境を変えていく方向を選ぶしかないでしょう。

将来性はある?自己成長を感じられないなら辞めていい

あと人間関係の問題以外で、仕事をしていて成長を全く感じられないとか、同じようルーティンワークで違和感を感じているのであれば、ポジティブな意味でスキルアップや、自分の挑戦したい業界に飛び込んでみるのがいいと思います。

逆にそうした環境で意味もなくダラダラ働き続けても時間を浪費するだけですからね。

転職の不安を解消するために必要なこと

人は、未知のもの、得体の知れない「わからない」というものに不安や恐怖を感じる生き物です。

例えば、海の底から迫り来る怪物をテーマにした、スティーブン・スピルバーグ監督の「ジョーズ」や、宇宙の異生物との戦いを描いた「エイリアン」なんかはいい例ですよね。

怪物がどんな生物で、一体どこから現れるのかすらわからないという状況が不安を作り出しています。

転職が不安に感じるのは、

退職したあとちゃんと次の仕事につけるか?次の職場の人間関係は大丈夫なのか?うまく仕事ができるようになるのか?

といった様々な「未知」が存在するからなんですよね。

不安に思うということは、この先起きるリスクを想定しているということですから、人が生きていく上でとても大事な感情になってくるわけです。

しかし、不安を感じすぎるがあまり、何も行動に移せなくなってしまっては本末転倒ですので、少しでも不安を解消する方法を参考にしていただければと思います。

身近な人に相談する。

漠然と不安を感じている人は、まず友人や、信頼できる知人に相談してみてはいかがでしょうか?

不安を解消するためには、まず自分がどんな不安を抱えているのかを具体的に把握することが最低限必要になってきます。

紙やノートに自分で書き起こして自己分析してもいいと思いますが、人と話すことで自分が考えていることとは別のアイディアや考え方を教えてもらえるかも知れませんよ。

転職支援サービスや、キャリアカウンセラーを活用する

今やインターネットサービスがかなり普及して、転職する際のサービスもかなり充実してきました。

マイナビや、リクルートといった求人採用サービスだけでなく、転職エージェントなどの転職を支援してくれるサービスもあります。そうした労務に関するサービスのプロフェッショナルには、キャリアカウンセラーや、キャリアコンサルタントも在籍している場合もありますし、相談するだけでなく、具体的な転職のアドバイスをもらうこともできるわけです。

今の自分の状況に合わせた応募先の業界の提案や、企業のオファーなど、少しでも選択肢を広げておくことで、不安感は軽減されるのではないでしょうか?

希望の業界にいる友人や知人に話しを聞く

「違う業界に挑戦してみたいけど、本当に入社しちゃって大丈夫かな?」

と悩むことってあると思います。私も石油業界、移動体通信、人材業界と色々みてきましたが、正直実際にやってみないとわからないことがほとんどです。

それであれば、実際にその業界で働いている人の生々しい声を聞いた方が説得力がありますし、自分の中でも腑に落ちるので転職先を選ぶ指針になると思いますよ。

自分がどうなりたいかを決める

将来というものは誰にもわからないもので「未知」のレベルが格段に高いんですよね。誰もが将来に対して不安を抱いています。

むしろ不安に感じていない人なんていないのではないでしょうか。

かといって何も考えずにフラフラしていても状況は何も変わりませんから、余計に不安や不満が溜まってしまうんですよね。

だからこそ、自分の進みたい方向性を自分で決めてしまうということが重要になってくるのではないでしょうか。

新しい職場に馴染みやすくなるポイントを押さえておく

転職したら、新しい職場で出会う人たちと上手くやっていけるかどうか不安ですよね。

そういう場合は、職場に馴染みやすい人の特徴を押さえておけば、自分の立ち回りに悩まずに新しい職場の人とも馴染めると思いますよ。

特にこのような行動パターンがある人はいい印象を持たれやすいです。

馴染みやすい人の特徴

  • 笑顔で爽やかな挨拶をしてくれる
  • 素直に話しを聞いてくれる
  • 自発的に学ぶ姿勢があり、仕事を覚えるのが早い
  • 仕事ができ、安心感がある
  • 気遣いができ、何事も率先してやる

うーん!普通に気持ちよく一緒に働けそうなイメージしませんか?

では、逆のパターンを想像してみたらどうでしょうか?

嫌われる人の特徴

  • ムスッとした顔で挨拶をしない
  • 言うことを全く聞かない
  • 自分からは一切動かず、仕事を覚えない
  • 仕事は一切できない。不安しかない
  • 気遣いとは無縁、何もしない

もし全て逆にしてしまうと「気づいたら職場から自分の居場所が無くなる人」の特徴そのものですね笑。

そうなるとまた人間関係で悩んで病んでしまって辞めるの繰り返しで、一向に改善できませんので、この5つの要素は覚えておきたいところです。

人生がマイナス方面に行ってしまうダメな4つのパターン

転職だけにとどまらず、人生の上で人が生きていく中で不安や悩みといった負の感情は何度も降りかかってきます。そうした状況に自分が陥った時に、どういう行動をしていくか?が重要になってきます。

そこで人生を台無しにしてしまうような選択を取ってしまわないよう、このようなパターンを抑えておいて人生をマイナス方面に進めてしまうことがないようにしていきましょう。

  • 不安に背を向けて何もしない
  • 転職活動を何もしない
  • 自分の将来像について考えない
  • ちゃんと頭で考えず適当に動いてしまう

といったことですね。

もしこのような状況が続いたらどうでしょう。

就職先は一切決まらない。収入は無いまま、貯金だけが減っていく悪夢のような未来が想像できませんか。

それぐらい考えながらもちゃんと行動する!ということが大切なんですよね。

退職はネガティブでも転職はポジティブに

enジャパンの退職理由調査アンケートでは、退職理由の25%が「人間関係が悪かった」という理由だそうです。それ以外に、「会社の上司や、先輩との仕事のやり方が合わなかった」など、人が起因する問題がほとんどです。

まぁ、実際に退職する時には会社には「一身上の都合で!」とか辻褄合わせて円満退社するケースが多いので本音は伝わらないケースがほとんどでしょうけども・・・。

会社を辞める時はネガティブなのは致し方ないと思います。誰しも、辛い環境下で永遠と働き続けるなんて無理難題ですからね。

大切なのは、「辞めた後、どうするか?」です。

転職活動での面接官の質問で、前の会社を辞めた理由を「人間関係が悪かったからです!」なんて答えようものなら「そりゃ受からないでしょ!」というのが明白なのと一緒です。

面接官もプロとして採用しているので、そうしたネガティブな感情のままでいると、表情や、しぐさ、受け答えで全部見抜かれてしまう可能性があります。

ですので、少しでも転職を成功させるためには、自分が前向きに進んでいることが前提にあることが重要になってきます。

せっかく「環境を変えよう!」と転職を決断して、新しい職場で頑張ってみたい!という方は、不安を乗り越えるために色々試してみてはいかがでしょうか?参考になれば幸いです。ではまた!

 

▼こちらの記事もあわせてどうぞ

関連記事:今の会社を辞めたい!転職をするべきタイミングの3つの見極め方

関連記事:人生に悩む辛い時期をうまく乗り越える7つの方法

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です