畑違いの仕事が苦痛で辞めたい!転職をするべきか見極める5つのポイント

畑違いの仕事で苦悩・・・。

こんにちは!SUGIと申します!

昔、学生の頃に回転寿司のアルバイトを少ししていたことがあるんですが

ひたすらロボットみたいに寿司ネタを乗せるだけの仕事でつまらないし、職場のみんなも死んだ魚の目見たいな人ばかりで本当にストレスでおかしくなりそうになったことがあります。

せっかく頑張っているのに、自分の目指す方向とは全く違うことばかりやらされてるようで息が詰まりそうになってめちゃくちゃ辛かった記憶は今でも忘れません。

結局そのバイトはすぐやめて別のお仕事を始めて楽しく働けてハッピーになれたのですが、畑違いの合わない仕事を続けていても、体調を壊したり、精神的に疲れてしまいかねませんよね。

今では、ベンチャーでの新規事業の経営や、人事をしていた経験をもとに、WEBサービスを作っているのですが、合わない仕事を続けていてもいいのか?転職してしまった方がいいのか見極めるポイントを僕なりの経験からお伝えできればと思います。

会社を辞めるべき?見極めるべき5つのポイント

人事として採用面接をしていると、本当にいろんな方に会います。

色々話を聞いていると、なんでうちの会社に応募したのかな?とかどうしてその業界に挑戦したいのか?といった部分をあまり考えてないんじゃないかな?とか思ってしまうこともただあります。

畑違いの仕事に就いて苦悩してしまうのか、成長を感じたり、新しい仕事を楽しめるのかどうか?といったことを見極めるには以下の部分が必要だと思っています。

やりがいを感じられるか?

仕事を楽しくしていくために「やりがい」はとても大切な要素ですよね。

「成果」にやりがいを感じたり、たくさん「給与」を貰えたり、稼げるようになるのがやりがいに感じたり、「仲間」と一緒に働くことに価値を感じることができれば、多少辛いことでも頑張れるものです。

もし、畑違いの仕事と感じていて尚、さらにやりがいも感じられないとなるとモチベーションを維持することも厳しくなってきます。

そうすると働くことに対する意義を見出せなくなってしまい、仕事を長期的に続けることは難しくなってくるため、「やりがい」を感じられるかどうか?というポイントは重要になってきます。

自分の将来像に近づけるか?

仕事選びはキャリアの分岐点になる重要なポイントですよね。将来のこともしっかり考えているけど、毎日不安に感じてしまうという人は、自分の描く将来像に少しでも近づいているのかどうか?ということを考えてみてください。

もし、自分が今の仕事を続けて、どんなに努力をしても自分の夢やイメージ像からは離れてしまって時間だけが過ぎてしまうように感じてしまうようであれば、転職を検討するべきでしょう。

ビジネススキルの成長ができるか?

惰性でダラダラと仕事をして働いているだけでは、どんどん仕事はつまらないものに成り果てます。

やりがいもなければ、目標もない、楽しみもない、夢もないのでは話になりません。もちろん、目標を設定したり、努力することは大前提にあるのですが、それを嫌々やらされてやっているような状態では成長はありません。

少しでも自分が成長して、人生の選択肢を増やせるようになるようなものを選びとっていきましょう。

経営者目線を養えるか?

ここでいう経営者目線というのは、会社内でのマネジメントで言われているような経営者目線で会社の仕事をしろ!という意味ではありません。

まぁ、そのような話が会社で言われるようならば、だいたい人材育成やマネジメントに失敗しています。

基本的に従業員が言われたことしかならない=やる気がない状態ということですからね。

無理にはとは言いません。しかし、AIの技術革新が目の前に迫っている時代に、言われたことだけやる労働者スタンスの人はAIに淘汰されていきます。

少しでも、仕事を生み出し、人を動かし、お金を回す経営者としてのスキルを養って行けば、ステージ感も高まっていき人材としての価値も自然と高まっていきますし、何か自分が挑戦したいことがあれば、自分で事業を立ち上げたり、趣味で実践することもできるようになってきますよ。

時間を失って損している気分になっていないか

多くの人は、「嫌々働くのは嫌だ!」と思いながらも働き続けてしまうわけです。会社での無駄な残業、飲み会は特に自分の時間を失ってしまうワースト3ですよね。そうしたストレスによって気力をなくしててしまうと、イライラを抑えるために、ついつい散財してしまったり、他人に八つ当たりしてしまったりと精神的にも悪影響ばかりです。

ですので、ただ仕事をしてお金を貰えるというだけでなく、自分がその仕事に時間的な労力をかけることに価値を感じられるかどうか?ということをイメージしていきましょう。

畑違いの仕事が人生を無駄にしてしまう3つのケース

嫌いなことを毎日やって、大して楽しみも感じられない状況がずっと続くと、どうしても未来に希望が持てないですよね。もうどんなに頑張っても人生を無駄にしているようにしか感じられないですよね。

憂鬱になって心身ともに壊してしまう

心が嫌だと感じている違和感を無視したままずっと過ごしていると精神的にストレスを溜め込んで憂鬱になってしまいます。

せっかく自分の生活を豊かにするための仕事なのに、精神病になってしまったら本末転倒です。自分の体と心が一番の資本ですので、大切にしてあげましょう。

人生を無駄にしてしまう

嫌なことをやる。無駄なことを我慢し続けることが、人生でいいのでしょうか?

食べ物も、水も、電気も、日用品も、洋服も、ありとあらゆるものが溢れているこのご時世でやりたくもないことをし続けていていいのでしょうか?

その繰り返しで自分が消耗していないかどうか一度見つめ直してみてみましょう。

思考停止になってしまう

そうした苦悩を抱えたままでいると、精神的な負担がかかりてうつ病になってしまったり、精神疾患が原因で脳の機能を低下させてしまい、うまく頭が働かなかったり、考え事ができなかったりしてしまうことがあります。

そうした思考停止状態に陥ってしまうと、漠然とした不安感を抱えていても、ちゃんと物事を考えることができず、お金のために嫌々仕事をし続けてしまうわけです。

それに思考停止の状態で、生産的な仕事をしていくのって難しいと思いませんか?

人生は一度きり!自分が幸せになる道を選ぼう!

仕事は人生の3/1を占める大切なものです。

ついつい他人と比べたり、無駄なやりがいを求めてしまったりネガティブなまま生きていても辛いだけですよね。

どうせ仕事をするなら少しでも楽しみながら生きていけた方がいいはずです。そのために

  • 自分がどう生きたいのか、何をしたいのかを考えて行動する。
  • 自分の苦手なことは捨てる。好きなこと、得意なことを伸ばす

といったことは意識しておくと、畑違いに感じている仕事から新しくチャレンジして別のお仕事を探したりするときの考え方の参考になると思います!ではまた!

▼こちらの記事もあわせてどうぞ

関連記事:今の会社を辞めたい!転職をするべきタイミングの3つの見極め方

関連記事:キャリアの方向性が見出せない20代の悩みを解決する3つの考え方

 

▼人生が変わる!おすすめ書籍はこれ!

関連記事:20代のうちに必ず読んでおきたい!人生を変えるおすすめビジネス本10選【2018】

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です