キーワードプランナーが使えない時の対処法と表示させる手順【2018年最新】

キーワードプランナーが使えない?

2018年からGoogle Adwordsが大幅に仕様変更された影響で、今まで誰でも無料で簡単に使えたキーワードプランナーの利用方法がガラッと変わってしまいました。

ブログ・メディア運営をしている方であれば一度は必ず使ったことがあるであろうキーワードプランナーですが、今回の仕様変更で混乱した方も多いのではないでしょうか?

今回は改めて仕様変更されたキーワードプランナーを使えるようになるまでの過程をお伝えいたします!

キーワードプランナーを利用するための手順

せっかくブログを使って一生懸命記事を書くなら、検索で上位を狙いたいですよね!

Googleが公式で提供しているキーワードプランナーには、

  • キーワードの「検索需要」がわかる
  • 需要のある関連キーワードを見つけられる
  • 集客しやすいキーワードかどうか分析できる

といったメリットがあります。

せっかく頑張ってブログ記事を書いても、上位表示されなかったら誰も見てくれませんからね。

このキーワードプランナーを併用してキーワード選定をすれば、より集客効果を高めることができますので、ブログ・メディア運営者の方は必ずチェックしておきたいツールと言えます。

今回は、キーワードプランナーを使いたいけど、その画面までいけないよ!!どうしたらいいのよ!という方向けにがっつり解説していきたいと思います!

Googleアカウントが必要

キーワードプランナーを利用するためには、Googleアカウントが必要です。

面倒に感じるかもしれませんが、まだGoogleアカウント(Gmail)がない方は下のリンクからアカウントを取得しましょう!

Googleアカウントの作成はこちらから!

Adwordsアカウントの作り方

無事Googleアカウントが取得できたら次は、GoogleAdwordsのアカウントを作ります。

えっ?またアカウント作るの!?まじ面倒だよ・・・。

と思うかもしれませんが、2018年現在の仕様ではAdwordsアカウントがないとキーワードプランナーは使えないのです。

画像付きで全部解説致しますので、諦めずに最後までやっていきましょう!

↓こちらのリンクからAdwordsのアカウント作成に進めます。

Googleキーワードプランナー公式サイトはこちら

 

公式サイトが表示されたら、こんな感じの画面になっていると思います!

右上の「ご利用開始」もしくは、「キーワードプランナーの利用を開始」をクリックします。

Adwords Expressの画面に飛んでしまった場合は、必ず通常のAdwordsに変更してから進みましょう!

画像の「Adwords ExpressをAdwordsと比較」をクリックしてください。

するとこのような画面が出てきますので、「ADWORDSに切り替える」を選択しましょう。

Google Adwordsへようこそ」という表示が出れば大丈夫です!

ここで自分のGmailアドレスと登録するウェブサイトのURLを入力して「続行」をクリックしましょう!

一度アカウントを作ったことがある方は、「ここをクリック」からでも入れます。

キャンペーン広告の設定方法

画面を進めると「最初のキャンペーン」が出てくると思います。

ただキーワードプランナーを使いたいだけなのに、広告も設定しないといけないの?

しかも有料なの!?」とびっくりすると思いますが

あとでちゃんと実質無料になる手順があるので大丈夫です。

  • 予算・・・Adwordsの最小設定は2円からなので、「2円」を記入しておけばOKです

その他の項目は初期設定のまま

  • 地域・・・「日本
  • ネットワーク・・・「検索ネットワーク、ディスプレイネットワーク

の状態で大丈夫です。

ただし、キーワードの部分は最低でも1個は登録しないといけないので、ここは必ず編集をしましょう。追加するキーワードはなんでも構いません。

 

・・・

次に、広告の作成を行っていきます。

実際には広告を打ち出しませんが、設定は必須なのでそれっぽいものを作っていきます。

  • ランディングページ:ウェブサイトのURL【※必須
  • 広告見出し1【※必須
  • 広告見出し2【※必須
  • 説明文   【※必須

この部分を全て入力します。

それぞれ文字数の制限や、入力する条件があるので、適当に入力しながら進めていきましょう!

文字数が少なすぎたりすると注意されるので、案内にそって作っていけば大丈夫です。

広告作成が無事完了したら「保存して次へ」をクリックします。

 

 

するとこのような画面が出てきますので、最後に支払い情報を入力していきます。

あともう一踏ん張りです。

  • アカウントの種類:個人かビジネスを選ぶ。
  • 名前と住所:それぞれちゃんと正確に入力しましょう。
  • 連絡先:名前と電話番号、メールアドレスを入力します。

支払いタイプ:「自動支払い」を選択します。

  • お支払い方法:自分のクレジットカードの情報を入力しましょう。

カード情報まで入力したら、「Adwordsの利用規約に同意します。」にチェックを入れて

保存して広告を作成」をクリックしましょう!

 

広告キャンペーンで料金が発生しないようにする設定の仕方

ついに新しいAdwordsアカウントが作成されました!

これでやっとキーワードプランナーを使えるようになります!

しかし、ここまでの作業で広告を作ってしまったため、放置してしまうと料金が発生してしまう可能性がありますので注意してください。

次に無料キーワードプランナーを使うために、この広告を止める作業をしていきます。

まずは、「管理画面を見る」をクリックしてください。

 

・・・

するとこんな感じの画面になるので、ガイド案内は全て飛ばして(読んでも構いません)

画面左側にある「キャンペーン」をクリックしてください。

すると、先ほど作成した広告が「Campaign#1」と表示されてるはずです。

このステータスを変更しないと広告を止められないようになってます。

 

変更するための手順としては、

」ボタン、もしくはチェック欄をクリックして、まず広告を選択します。

 

 

次に、編集ボタンを押すと、ステータスを選べるようになるので、

一時停止」を選択します。

変更後に、ちゃんとステータスが「一時停止」になっていれば広告料金は発生しなくなります!

 

メニューから「キーワードプランナー」を表示させる方法

これでやっと安心してキーワードプランナーを使うことができますね!

Adwordsのメニュー画面ってどうも分かりづらくてどこからキーワードプランナーに進んだらいいのか分かりづらいですよね。

とりあえずこのやり方を覚えておけばキーワードプランナーから迷子にならずに済むでしょう!

まずの「工具ボタン」をクリックするとメニューが表示されます。

そうするとのところに「キーワードプランナー」が表示されるので、ここをクリックすれば・・・。

 

はい!来ました!キーワードプランナーの画面です!

結構利用頻度も多いのでブックマークとかに入れておくと次からスムーズにこの画面を開けるので、使い勝手がよくなると思いますよ。

昔のキーワードプランナーを使いたい?過去版のAdwordsを起動する方法

Adwordsの仕様変更によってキーワードプランナーの画面も大幅に変わってしまいました。

人によっては「前のバージョンの方が良かった・・・。」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

そういう方にもちゃんと利用できるよう昔のキーワードプランナーを使う方法がありますので、ご安心ください!

キーワードプランナーの画面の下部の方にちっちゃく「以前のキーワードプランナーを開く」と書いてありますので、クリックしてみましょう!

すると、2017年まで使い慣れていた昔のキーワードプランナーが出てきます!感動です。

キーワードの検索用途に合わせて検索スタイルを選びましょう。

検索したいキーワードを入力し、カテゴリを決めたら「候補を取得」をクリックしましょう。

すると、このような形で検索ボリュームや、検索キーワードが表示されます!これで以前のバージョンのキーワードプランナーを使うことができます。

この画面、使い慣れている人も多いのではないでしょうか。私は未だにこっちの方が見やすいと思ってしまいます・・・。

最後に

自分が投稿したい記事ネタやキーワード選定に活用できるので、キーワードプランナーは積極的に使っていきたいですね!

しかしスマホとかだと、まだ新しいキーワードプランナーはうまく表示できなかったりするので、そのような場合に以前のバージョンを使うといいかもしれません。

ではまた!

 

▼こちらの記事もあわせてどうぞ

関連記事:WordPress記事が途中で消えてしまった時の復旧方法と対策

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です