自分の長所がわからない?たった1つのツールで自分探しができる方法

どうもSUGI(@sugi_chan)と申します。

ほとんどの人が一度は自分の長所と短所について考えたことがあるのではないでしょうか?

学校・大学の受験、会社での面接対策では必ずと言って良いほどよく長所と短所について聞かれますよね。

カタチ上自分の長所や短所を相手に述べることはあっても、実際のところ、自分の長所や短所を理解して、本当の強みを引き出せている人はどれほどいるのでしょうか?

せっかく自分を理解しようとしたのに、「自分の強みを活かせてない」って凄くもったいない事だと思うのです。

学生の時は対して自己理解が無くても何とかなりますが、一番最初に、壁にぶち当たるのは、社会人になってからなんですよね。

自分に全く持って向いていない趣味・仕事をしてしまうと本当に辛いですし、全然成長スピードを得られないので苦痛でしかありません。

その段階で、少しでも自分の強みを理解していないと、自分にとって最適な環境を考え出して、精力的に趣味や、仕事に取り組めるようになるのは難しいのです。

僕も初めて仕事を始めたときは全然理解してなくて、結構苦しみましたが、自分の長所や短所をある程度把握することで、こうしてWEBを通じて活動を広げられるようになってきたりと、確実に効果を得られているので、今回は、「自分の長所を簡単に見つけ出すための方法」をお伝えできればと思います。

自分の長所を知る最大の目的は「自分の力を最大限に発揮する」ことにある

なぜ自分の長所や、短所を知る」必要があるのか?というと、そもそも自分のことを何も知らない状態だと、結局成果を上手く発揮できないんですよね。

がんばってもがんばっても結果が何も出せなかったら本当に辛いですからね。しかも何かのトップになる人は、決まって自分の好きな事x得意なことで勝負しているので、どんどん差をつけられて更に自己嫌悪に陥ってしまいます。

ですので、自分の強みを理解することで「自分の力を最大限に発揮する」ということが必要不可欠になってくるわけなんですよね。

もし自己理解を、面接対策のためだけに考えて終わらせてしまうであれば、それは非常にもったいないですよ!

自分の長所を素早く理解するためには「第三者の眼」を借りることが大切。

いざ「自分の長所は何か?」と考えてみると、自分では知っているつもりなのに、さっぱり分からなくて困ってしまうことってありませんか?

他人のことはアレコレ気づけるのに、自分のことになると点で分からない・・・。というのは、自分の目が外に向いているため、他人ばかりに目がいって、自分のことに中々気づきにくいからなのです。

実際のところ「自分を知る」ということは結構大変なことなんですよね。

ですので、自分の長所を知る上で大切なのは、「客観性」になってきます。

つまり、第三者の眼を借りて分析してもらうことで、客観的に自分の長所・短所を見つけることができるようになります。

そのため、知人や友人、会社の同僚や先輩から直接言ってもらうのが手っ取り早いのは確かですが、一人でも簡単に出来る方法もあるので、今回は、そちらをメインにご紹介します!

質問に答えるだけ!客観的に長所を分析してくれるオススメツールを使おう!

性格を分析して、長所を見つける診断ツールを使えば、自分の長所と短所を大まかに知ることができます。

僕自身様々な診断テストを受けてきましたが、自分なりに、とってもわかりやすかったのがエゴグラムというツールです。

エゴグラム

このエゴグラムは、50問の質問に答えるだけで自己分析をグラフ化して、自分の性格から長所・短所を見つけ出してくれるものです。

そこからさらに自分の個性や、適正、興味などある程度全体像も評価してくれるので非常にわかりやすい上に、無料で診断できるツールになっているのでとってもいいですよ。

ちなみに、僕の診断結果はこんな感じでした!

このように「性格」「恋愛・結婚」「職業適性」「対人関係」と、ライフスタイルに起因するポイントを抑えて分析してくれます。

ひとまず、「自分がどのような長所と短所を兼ねているのか?」と自分の全体像を把握して、仕事やキャリアに活かしたい方にはとてもオススメです。

ただし、質問はしっかり真面目に答えないと、本来の自分とは違う答えが返ってきてしまいますので注意しましょう。

さらに自己理解を深める!3つの方法をご紹介

エゴグラムで大まかに分析した情報を元に、さらに自己理解を深めるとよりその効果を高めることができます。簡単なものから、さらに細かく分析するものまで代表的な方法を3つご紹介したいと思います。

自己分析を深めるポイント

少しでも、自己理解を深めるためには「なるほど!そうだったのか」とか「私は、本当はそうしたかったんだ!」「こだわってる理由はこれだったのか!」と何かしら腑に落ちる状態を作るときに大切になってきます。

そのためには、この3つの視点で考えるとより自分のことを理解しやすくなります。

  • 「自己分析」・・・自分の考え、自分が感じること、自分の想いなどをまとめる

自分が思うがままにアウトプットしないとちゃんと自分の強みを理解することができないので、紙やノートなどで構いませんので、30分ほど自分一人の状況で集中して実践してみてください。

きっと今まで気づきそうで気づかなかったことがだんだんと見えてくるようになると思いますよ!

  • 「他人からのフィードバック」・・・他人から褒められた・驚かれたことなどを思い出してみる

人は他人のことはたくさん気がつく生き物です。人から褒められたりすることは、自分にとって強みを発揮していることかもしれませんし、逆によく注意されたり、指摘される部分は短所として捉えられますね。

しかし短所もちょっと捉え方を変えるだけで一気に長所に変わることもあるので、一概にダメということはありません。

ちなみに僕は「飽き性」ですが、見方を変えれば、いろんな物事に興味の目をむける好奇心旺盛なタイプとも言えます。

ですので、自分に短所がたくさんあったからといって悲しむ必要はありません。短所も活かせば長所になると思えばいいのです。

  • 「データの活用」・・・性格検査や職業適性検査など診断ツールで得た情報をまとめる

ストレングスファインダー」や「エニアグラム」、「リクナビNEXTグッドポイント診断」などが有名ですが、こうした本格的なツールを利用することで、さらに多角的に自分について理解を深めることができます。

どうしても自分で考えてみて何もわからない!という方はこうしたデータをまとめて自分の人生やキャリアにつなげていきましょう!

長所がわかると、自分の強みを生かして”幸せ”になれる。

長所を見つけることができれば「何をやっても上手くいかないダメな自分」から卒業して、「ダメなところが強みにもなる」という風に環境を一変させることができます。

そうして自分の強みを発揮することで徐々に自分に自信を持つことができるようになりますし、人生の質も自然に上がって「幸せ」も感じられるのではないでしょうか。

人生を理想へと近づけるには?

僕自身、自分の長所がわからなくて大変苦労した経験がありました。その後は人材派遣会社のスタートアップで新事業を任せて貰ったこともあり、現在は、仕事やキャリアに悩みを持つ方向けに、僕個人で、キャリア・人生に関する相談や情報発信を行っています

僕の発信をきっかけに、何か少しても悩みを解決して気持ちが前向きになれれば幸いです。

現在、期間限定で、無料のキャリア相談を受け付けています。

興味のある方は一度お気軽にご相談ください!個人でのサービスですので、採用する側の視点でのリアルな考え方や、声を会社要素なしで本音でお伝えいたします。それではまた!

 

▼こちらの記事もあわせてどうぞ

関連記事:思い込みが自分の可能性を狭めてしまう理由

関連記事:すぐ行動できる!5秒の法則を実践して変わった8つのこと

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です