vlogって何?blogとvlogの3つの違いとVloggerがお金を稼ぐ仕組みとは?

どうもSUGI(@sugi_chan)と申します。

Youtubeで動画を眺めていると、「Vlog」というキーワードが入った動画を目にすることがありませんか?

最近になってYoutuberというコトバが日本でも広まりましたが、VlogはYoutuberと一体何が違うのかってよくわからないですよね。

ですので、今回は、Vlogとは何なのか?Youtuberなのか?ブログのように発信するものなのか?違いは一体何なのかということについてまとめてみたいと思います!

Vlogとは?

Vlog(ヴィログ)というフレーズは「Video」+「Blog」合わせた造語です。

いわゆるビデオブログと言われるもので、ブログのように情報を記事にして発信するのではなく、動画にして発信するのが大きな違いです。

そのVlog(ビデオブログ)を投稿して生計を立てている人たちのことを「Vlogger」と呼んでいるようです。

2014年〜2015年あたりでYoutubeで投稿されていたVlogが流行りだして一気に広まりました。

日本では、はじめしゃちょーやヒカキンといった人気Youtuberがこの年代に大幅に伸びていきましたよね。

ただYoutuberの動画は動画ごとにしっかりと企画を練られているのに対してVlogの動画は、日常を動画にしているという違いがあるので、Youtuber=Vlogという訳ではないようです。

有名なVloggerのフォロワー数とその収入

Vlogを投稿して生計を立てる、いわゆるVloggerと呼ばれる人たちも、人気になると、影響力が絶大になります。その立場を生かして生計を立てている人をモデルケースとして紹介いたします!

インターネットセレブリティ/ローガン・ポールさん

スタントや、公共の場でのいたずらの要素のある動画を中心に投稿されているVloggerさんです。中学生ぐらいの時から趣味で動画をずっと投稿しており、今やYoutubeチャンネル登録者は、なんと1700万人を超える規模になっています!(2018年5月時点)

彼が動画を出すとたった1日で300万回再生されます。しかも彼の年収は、なんと14億円とも言われており、ニューヨーク拠点の週刊誌「フォーブス」によると、Facebook1回投稿で15万ドル(日本円でおおよそ1620万円)も稼いでしまうほど影響力を持っているのだとか・・・。なんだか金額が大きすぎて異次元な存在ですよね・・・。

女性Vlogger/ヘイリー・サニさん

2012年4月ごろからチャンネルを運営しており、2018年現在では、チャンネル登録者74万人と中堅クラスの人気を誇っているVloggerさんですね。

編集もとっても凝っていてみているだけでかっこいいです。どの動画もコンスタントに10万回以上再生されているので、普通に生活できるお金はYoutubeから貰えているのではないでしょうか?

映画人・旅人/ルイスコールさん

イギリスで生まれ、旅行好きな家族の元で、小さいころから旅をして育ったルイス・コールさんは元々は3Dアニメの制作会社に勤めていましたが、ある日を境に仕事を辞めて世界を放浪する旅人になることを決意し、Youtubeを始めたそうです。

2018年5月現在では、Youtubeチャンネル登録者は200万人を超えており、旅人ビデオブロガーの中ではトップクラスの人気ぶりです。その人気さゆえに、旅するための資金はスポンサーから出資されるため、旅行にかかる費用はほとんどないそうです。まさにプロ旅人です!

どうやってお金を稼いでいるの?Vloggerのマネタイズ方法は何?

日々自分が過ごしている風景や好きなことを動画にして発信して生活をしているVloggerと呼ばれる人たちですが、その収益モデルは基本的にはYoutuberと変わらないようです。

具体的にどういうことかというとYoutubeで収入を得る仕組みは動画を再生する度に表示される「Googleアドセンス」と呼ばれる広告が再生されたり、クリックされたりすることで報酬を発生させるというものです。

広告の種類は4種類あって

よくYoutubeの右サイドに表示されるバナー広告、動画再生中に動画内に表示されるIn Video広告、動画を開くと、動画を見る前に自動的に広告が動画で流れ、5秒間ほどでスキップできるインストリーム広告、それのスキップが15秒間できないパターンの標準インストリーム広告が主に掲載されている広告の種類です。

それぞれ動画の再生回数に応じて広告料をもらうことができ、その単価は、1再生あたり約0.1〜0.5円と呼ばれています。つまり、10万回再生されれば1万円ほどが得られる計算になりますね。

あとは、先ほどお伝えしたルイス・コールさんのように、人気Youtuber・Vloggerになるとその影響力を元に、企業がスポンサーになってくれて融資してくれたり、企業からのオファーで、商品を紹介したりと、企業から広告費などを得ることもあるので、一発でドカンと稼ぐこともあるようです。

Vlogの5つの特徴

僕は結構Youtubeを中心に動画を見るのですが、投稿されたVlogを視聴していくつか特徴を感じたのでちょっとまとめてみました!

なんでもあり!自分の好きなことを発信

まず Vlogをみて思ったのが、本当に何でも有りの世界なんです。

自分が好きな商品やサービスのレビューをして見たり、旅行先の観光スポットを紹介したり、自分のファッションやコーディネート、メイクを動画にしたり、友人と遊んでいる風景を動画にしたりと、日々の面白い出来事を動画にしてるのがVlogの特徴ですね!

人気動画はクオリティーが高い

動画によって個人差はは有りますが、やはり人気な動画はコンテンツの内容がとっても面白かったり、編集が凝っていたりと、映像のクオリティーが高いです。

昔はカメラを揃えるだけでも大変でしたが、今はスマホや、アクションカメラ、ビデオカメラと何かしら高性能な機器を簡単に入手できるようになったのもあって、編集能力があれば誰でも参入できるのも魅力かもしれません。

外国人率高め&20代〜30代の若い人が中心

動画を視聴しているユーザーも投稿しているユーザーも基本的にはネット文化に慣れている比較的若い世代の男女が中心のようです。主に10代〜40代が全体を占めていて、特に精力的なのは20代〜30代のユーザーのようですね!

人気Vloggerはタレント化(顔出しあり)

Vlogを投稿しているユーザーの中で、視聴回数が増えてくると自然と徐々にファンがついて人気になっていきます

そうするとたくさんの人がその投稿者を見るようになり、物凄くファンが増えてタレント化していく傾向があります

特に顔出しをして公開している人はその傾向が強いですね!

外国人の人は、あまり顔出ししてプライベートを公開することに抵抗はないようですが、日本人はまだ抵抗があるので、怖いと感じる人も多く見受けられるようです。

シェアされやすい!

ブログやSNSと同じように、ネット常に公開されたコンテンツは、視聴者が面白い!と思ってもらえるといいね!を押してくれたり、SNSで友達にシェアして拡散されていく傾向があります。

シェアされることで動画の全体的な視聴回数が増えるだけでなく、視聴者からファンを獲得することができるので、相乗効果を得られるという点も大きいですね!

BlogとVlogの違い3ポイント

このように、Vlog(ビデオブログ)には特徴があるわけですが、同じように、毎日の出来事や、情報をを文章にして発信するBlog(ブログ)がありますが、このBlogと映像を発信するVlogには決定的な違いが3つほどあるのではないかと考えています。

情報量が圧倒的に多い!

Vlogが優れている点としてまず、文章よりも映像の方が情報量が圧倒的に多いということですね。毎日の出来事を文章で表現するのには限界がありますが、映像であれば、カメラで動画撮影したものを編集するだけで現実の情報を発信することができます

それに、喋るのが得意ならブログで文章を書くよりも、スマホやカメラで録画して喋る方がハードルが低いですし、作業的にも圧倒的に楽です。

まして学生でも自分のスマホを持っている人がかなり増えてますから、それで撮影から編集まで行い動画を投稿できてしまう時代になりましたし、個人で撮影した旅行先の動画などを簡単に編集できるソフトも出てきているので自宅や出先で編集できることも魅力の一つでしょうか。

ブログのようにコンテンツを資産化できる?

ブログの場合は、ウェブアドレス(=ウェブ上の住所)を自分で持つことができます。

僕のこのサイトも、自分でドメイン(sugi-lifenavi.com)というウェブ上の住所や土地みたいなものをお金を払って所持しています。

つまり、自分の土地でブログ記事(コンテンツ)を投稿しているので、勝手に記事が消されてしまうということは基本的にありません。

しかし、Youtubeなどのサービスで投稿している場合は、Youtubeの土地を借りて動画をアップロードしているため、依存している状態です。

もし仮にYoutubeのサービスが終了してしまったり、Youtube側の気まぐれでルールが改定されて動画が消されてしまったら自分のアップロードした動画は消えてしまいます

Vlogの弱点は、Youtube側に管理権があるので、Blogのようにコンテンツを資産化できないというところですね。

人気にならないと難しい?

YoutubeでVlogをあげて生計を立てるようになるためには、数多くの視聴再生数を稼ぎ、その動画の広告料をもらう必要があります。

1再生あたり0.1~0.5円なのでは?と言われているようですが、そこから生活費を稼ぐためには、かなり視聴者を獲得しないといけないことになります。

ですので、人気VloggerやYoutuberになった方が有利なのは事実です。

編集自体は誰でもできるため、今からスタートことは簡単ですが、Youtubeの投稿ユーザーはかなり飽和してきているため、人気クリエイターになるのは容易ではありません

質の高いクオリティの動画が作れるだけでなく、面白いと感じてもらえる企画や、編集作業をクリアしなくてはなりませんので、それなりの努力は必要不可欠でしょう。

Vloggerのように自分の人生を生きるには?

もし、自分が毎日好きなことで生きていけたらどんなに幸せだろう?と感じることってありませんか?

もし動画制作が好きであれば、もちろんVloggerやYoutuberは天職かもしれませんが、お金を稼ぐのはそんなに簡単ではないのも事実です。

僕自身、自分の好きな分野がわからなくてこのまま仕事を続けていて大丈夫なのだろうか?と悩んだり、苦労した時期があって、辛い思いを抱えたまま過ごしていました。

色々考えて自己分析を繰り返した後は、嬉しいことに生活が一変して、人材派遣会社のスタートアップで新事業を任せて貰ったりさせて貰えるようになったりと、とっても人生が変わりました!

現在は、今までの経験を元に、何か少しても悩みを解決して気持ちが前向きになれればと考えて仕事やキャリアに悩みを持つ方向けに、WEB制作などのWEBビジネスをしながら、僕個人で、キャリア・人生に関する相談や情報発信を行っています。

現在、期間限定で、無料のキャリア相談を受け付けています

自分の力を最大限活かせず、辛い思いを抱えたまま仕事をして過ごしているのはとっても辛いですからね。興味のある方は一度お気軽にご相談ください!

個人でのサービスですので、採用する側の視点でのリアルな考え方や、声を会社要素なしで本音でお伝えいたします。それではまた!

 

▼こちらの記事もあわせてどうぞ

関連記事:ストリーマーってどうやって稼いでる?一般人がTwitchゲーム配信で収入を得る仕組み

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です