20代の安定志向が人生をクソつまらないものへと変貌させるたった1つの理由

どうも!最近刺激的な毎日を過ごしているSUGI(@sugi_chan)です。

僕は、会社でたまに人生の話をするのですが、

僕が将来どうしたいんですか?と聞くと大体

まぁ安定してぼちぼち暮らせていければ良いかな〜。福利厚生はちゃんとしてるとこでー。

とか言いつつ「最近つまらないわー」とか

あー会社辞めてえー」の連呼。笑

僕から言わせれば「そりゃそうだろ!!」って思うわけです。

本当は、旅がしたかったり、自分の好きなことで生きて生きたいと思っているのに心の奥底にしまい込んで封印してしまう人たち。

私たち20代の若者は「ミレミアム世代」と呼ばれていますが、そんな若い20代の人たちでさえ、そんな思いを抱えて生きている人がほとんどです。

だからって諦めちゃう人を見ると本当テンション下がります。「自分の人生なのにそれでいいの?」「クソつまらない人生じゃん」って僕は思っちゃいますね。

今回はそんな安定したいと望めば望むほど人生がクソつまらなくなる理由についてお伝えしたいと思います。

安定したいのに「刺激が欲しい」という矛盾

安定」と「不安定」どっちがいいかと聞かれたらほとんどの人が安定だと答えるでしょう。

できることなら「失敗したくない」「リスクを背負いたくない」「失敗するくらいなら平凡でいい」と思って安定していそうな正社員を選んで、会社で毎月決まった収入を得て、老後まで安定した人生を送りたいと考えている人がほとんどでしょう。

しかし、安定」、「安定」と言いますが、この変化の激しい世の中で本当の安定なんてものは無いんですよね。

今の世の中はとっても変化の激しい時代で、常に新しいものが生まれては消えていきます。

大手企業でも平気で潰れる時代です。

そんな時代で「安定したい」ということは、「何も変化をしない所にいたい」ということと同義です。

つまり、何も変わらない現状維持を望んでいるわけですから、当然のことですが、変化もなければ、刺激もありません

それなのに、刺激が欲しい」というのは虫が良すぎる話なのです。

人生がつまらないのは「変化がない」から!

もしあなたが「あー!人生つまらない!」「人生なんてクソゲーだ!」って思ってるとしたら、それは正常です笑。

そもそも安定を求めて「何も変化がない」生活を求めているのだから、つまらなくて当然です。

そういう人は、人生を楽しんでいる人を見てみてください。

ふと旅行に行ったり、友達とフェスに行ったり、好きなスポーツを楽しんだり、自分の趣味に没頭したりと、人生を楽しんでいる人は、何かしら自分だけの冒険をしているんです。

つまらない人生を過ごしている人は、やりたいことや、目指したいものがあっても、行動をしてないんです。どんなに楽しいことを思いついても、行動しなかったら現状は何も変わりません

安定志向の人の3つの特徴

そうした安定志向の人の典型的なパターンを5つにまとめてみました。自分が当てはまってないかみてみましょう。

環境が変化することが嫌い・同じ環境を好む

いわゆる現状維持が好きなタイプの人で、ポケモンでいうと、マサラタウンから1歩も外に出ない人です。

安定志向の人は、環境を変えることで、新たな発見があって楽しみや学びを得られるかもしれないというのはわかっていても、なかなか行動に移せません

仮にあなたは変わらなくても、身の回りの向上心が高い人たちはどんどん成長していきますから、現状維持だと思っていても、周りがどんどん伸びているので、結果的に衰退していくことになる可能性もあります。

不安や、失敗を恐れる

安定志向の人は、極度に失敗を怖がる傾向があると思います。

挑戦的な人からしたら別に死ぬわけでも、人を殺めるわけでもないのに・・・。って思えるかもしれませんが、変化が嫌いで同じ環境に身多く現状維持のタイプの人にとっては、失敗して恥ずかしい思いをしたり、変化によって自分が打ちのめされるのがコワイと感じてしまう傾向が強い気がします。

行動しない

そうした、失敗を怖がったり、不安から逃げようとする傾向があるため、必然的に何か行動しよう!とは考えず、できる限り何もせずに過ごそうとする人が多いです。

できる限り安定したい、毎日平和に暮らしたいと考えるあまり、「刺激が足りたい」、「毎日平凡でつまらない」と感じても、安定志向の人は、何も行動に移せないのです。

自分が安定という平穏を望めば望むほど、変化はなくなります。

もし「新しい刺激」や、「楽しみが欲しいのであれば、そもそもの安定志向を変えていく必要がありますし、幸せを感じられるように「安定の在り方」も工夫していく必要があるでしょう。

そりゃ後悔するよね?って話

食べ物も、洋服も、物もたくさんあって、便利な物で溢れかえっている現代で、何もしないで生きていたらそりゃつまらないでしょ!って思うわけです。

なんでも挑戦して、自由に生きたいと願う人にとっては最高な環境なのではないでしょうか?

僕の周りでも、フリーランスの友人や知人が結構多くて、大変な部分もあるけど、ものすごい楽しそうな人ばかりなんですよね。

何も挑戦しないまま人生終わらせてしまうのはとっても勿体ないことだと強く感じます。

安定志向の人でも「本当は冒険したい」と思ってる

どんなに安定志向の人でも、ワクワク、ドキドキして子供の頃みたいに、何かが楽しみで夜が眠れなくなるような「刺激」が欲しいんですよね。

かくいう自分も会社と自宅を往復するだけの生活が2年ほど続いていた時は、死んだ魚のような目をしていました。本当に辛かったです。

しかも電車に乗っているサラリーマンの人たちのほとんどがそういう死んだ魚のような目をしていて、魅力的なオーラを全く感じさせないというか、疲弊している人が本当に多いのなんの・・・。

僕は本当に好きな分野で自由に仕事がしたくて、今こうしてWEBを通じて発信をしていますが、何か自分が実現したいことに夢中になったり、自由な時間を手にして、世界を冒険したり、あったことのない人と出会って成長していく生き方というのもエキサイティングで良いと思うのです。

刺激のある毎日を送る方法

とここまで色々言いつつも、僕自身も昔は安定志向で、やりたいことがたくさんあるのに、挑戦できずに苦しんでいました。

何かやろう!と思っても、起こり得るリスクや、不安のことばかり考えてしまって行動になかなか移せないんですよね。

そこで僕が選んだのが、できるだけ「毎日楽しそうに暮らしている人たちと一緒にいる」ことです。

ありがたいことに、僕の友人はフリーランス率が高くて、一緒にゲームをして遊んだり、深夜みんなで集まってダンスしたりすることが結構多いんですよね。

人は環境に左右されてしまう生き物なので、自分の周りにいる人からの影響って結構大切だと思うんです。

身の回りに「安定志向」の人が多ければ、自分も「安定志向」になってしまいます。

会社と家の往復ばかりしてるとほんと疲弊して老化が進んでしまいます!

刺激が欲しい!という人は、ちょっと旅してみたり、趣味に没頭してみたり、エネルギッシュに生きている人たちを見つけて新しい生き方や感じ方に触れてみてはいかがでしょうか。

ちょっと違う世界の空気を吸うだけでも刺激になって、楽しめる物も増えると思いますよ!

 

▼こちらの記事もあわせてどうぞ

関連記事:20代のうちに必ず読んでおきたい!人生を変えるおすすめビジネス本10選【2018】

関連記事:【社会人必見】悩みすぎる人が悩まなくなる方法「10秒以上考えない」

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です