20代の仕事のストレスランキングTOP10から見える!ストレスが溜まる3つの原因とは

どうも!SUGI(@sugi_chan)です。

仕事をする上で、”ストレス”はどうしても切り離せない問題ですよね。

大きなストレスを抱えたまま仕事をしている状態であるほど苦痛に感じてしまうものです。

今回は、ストレスランキングから仕事に対するストレスを紐解いて、どうすればストレスを抱えることなく毎日を過ごせるようになれるのかお伝えしたいと思います!

仕事に関するストレスランキング1~10位

ネット上にあるストレスランキングというものがあります。

私たちが抱えるストレスを様々な要因からまとめ上げて順位化したものです。

そのストレスカテゴリーを「仕事」だけでまとめてみたのがこちらのランキングです!

1 多忙による心身の過労 71.3
2 失業・リストラ 70.8
3 勤務している会社の倒産 66.8
4 収入の減少 65.3
5 職場の人間関係のトラブル(上司、同僚部下、顧客など) 64.1
6 睡眠習慣の変化(不眠、過眠、不規則) 60.0
7 仕事上のミス 59.2
8 転職 57.2
9 仕事量の変化(量やペースの増加、課員の減少など) 56.2
10 職場での責任の変化(異動、左遷、配置転換など) 53.2

参考:ストレスランキング

統計によると、「多忙による心身の過労」といったことや、「失業・リストラ」、「勤務している会社の倒産」といった収入に直結する問題もランクインしています。

特に「職場の人間関係のトラブル」に関しては、誰もが直結する問題で、会社を辞める原因の一つとして人間関係が起因しているものも多いですよね。

長期間会社に努めていくと、任される業務の幅や、責任も増えてくるので、それに比例してストレスを抱えてしまうため、「職場での責任の変化」もかなりストレスを抱える要因の一つですね。

仕事に関するストレスランキング10~20位

一応補足になりますが、その他の要因もランキングにまとめてみました!

11 就職・転職活動 53.2
12 転勤・単身赴任 50.2
13 会社の合併・統合 44.5
14 知名度、社会的地位のアップ 39.4
15 性別による仕事の制限 39.0
16 自分の昇進・昇格 37.9
17 同僚の昇進・昇格 37.6
18 職場の技術革新・デジタル化 36.9
19 長期休暇 29.8
20 収入の増加 26.0

参考:ストレスランキング

人は環境が変わる時にストレスを感じる生き物ですから、「就職・転職活動」、「転勤・単身赴任」といった人生が変わるターニングポイントは特にストレスを感じやすいのではないかと思います。

このデータによると、「長期休暇」や「収入の増加」などもストレスの要因になっているのはちょっとビックリしましたが、よくよく考えてみれば、長期間休んだ後に仕事に行かなければならないと感じる人が大多数なわけで、そうしたストレスも感じるのかもしれませんね。

仕事でのストレスを多く抱えてしまう原因

というように、現代の社会では、仕事へのストレスを抱える要素があまりにも多すぎるんですよね。あまりにも真面目に受け止め過ぎてしまうと、心身が疲弊して憂鬱になってしまいますから、最低でもストレスを感じる原因で代表的な3つを抑えておきましょう!

1.職場での人間関係

一つ目は、職場での人間関係です。上司と部下との関係だったり、スタッフ同士の争いだったりと内輪同士で起こるいざこざが原因で、職場で孤立してしまう人が出てしまったり、うまく関係を築けないというケースは少なくありません。

2.仕事への責任

仕事である以上、無下に扱うことはできませんよね。自分が任されたものへの責任が大きいと、トラブルなく仕事を終わらせられるかといったプレッシャーや、ミスしたらどうしよう。といった不安がストレスを増長させる原因と言われています。

3.労働時間の超過

みなし残業で、サービス残業を余儀なくされてしまったり、休日出勤をせざる負えなかったりすると、肉体的にかなりきついですよね。

また、そうした劣悪な環境で、働き続けると、会社への不満もたまりますし、ゆっくり休める時間も取れないとなると精神的な疲労も重なることになります。

度重なる残業や、自分一人では抱えきれない仕事量を任されているにもかかわらず、仕事量に比例しないような低賃金な給料だと、なおさらストレスを感じてしまう可能性があります。

仕事のストレスを解消するには?

ストレスを完全に無くすことは難しいですが、少しでもストレスを和らげることはできます。

仕事でストレスが蓄積してしまう前に、溜まったストレスを発散させる方法をいくつかまとめてみました!

睡眠をとる

本当にストレスが溜まってどうしようもない時は、とりあえず寝て忘れてしまいましょう!

質のいい睡眠をとることによって、ストレスを改善したり、身体を休めて体力を回復させることができます。仕事や人間関係の鬱々とした気分もぐっすり熟睡してしまえば、忘れてしまうものです。

趣味でリフレッシュ

ストレスを発散したり、癒しの目的で趣味はとっても効果的です。何より自分だけの時間を過ごしているとただ遊んでいるだけで至福に感じるものです。スポーツ、音楽、料理、アート、ゲーム、など何かしら自分の好きなものに熱中してみてはいかがでしょうか。

軽い運動

現代を生きている私たちは、ストレス過多の影響で、どうしても自律神経が乱れがちです。

ウォーキングや、ランニング、ちょっとしたスポーツなど、軽い運動をすることはストレス解消に大変有効だとされています。

運動して軽く汗を流すことで、自律神経の興奮を抑えたり、血流を促進したりと様々な効果が生まれます。

健康目的だけでなく、ストレス解消にも有効ですので、なんだかイライラするなぁ。という日はあえて外に出てちょっと体を動かすといいかもしれませんね。

自分磨き

何か、習い事をしたり、運動をしたり、本を読んで自分を高めることで、心に余裕も持てるようになります。常にいっぱいいっぱいの状態だと、ストレスを抱えがちです。

自分の価値が高まれば、仕事での評価も変わってくるのではないでしょうか。

掃除で心もスッキリ

お金のかからないストレス解消方法でおすすめなのが、「掃除」や「片付け」です。

自分の部屋をちょっと片付けるだけでも、スッキリして気分が優れ、嫌な気分も吹っ飛ぶものです。

それに居心地のいい空間を作ることで、ストレスを感じにくい環境を作ることもできるので、非常に効果的ですよ。

最後に

ストレスが溜まりすぎてしまうと、仕事に行くのが億劫になったり、自己嫌悪に陥ってしまうものです。そうなる前に、ストレスの根本的な原因を突き止めて、早めに対処をしたいものです。

ストレスをゼロにすることは難しくても、普段の生活習慣を改善することで、ちょっとでもストレスを発散することはできると思いますよ!

社会人になると、そうしたストレスや悩みはどうしても付きまとうものですからね。ぜひ参考にしていただければ幸いです。それではまた!

 

▼こちらの記事もあわせてどうぞ

関連記事;20代のうちに必ず読んでおきたい!人生を変えるおすすめビジネス本10選【2018】

関連記事:職場の人間関係に疲れて転職するのが不安な人に必要な5つのこと

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼