頭が良い人は得をする?リテラシーが高い人の考え方と7つの共通点

とても知的で頭の回転の良い人ってとてもスマートでカッコいいですよね。

頭が悪いのと良いのでは、人生にも差が出てきますし、特に社会人になってから強く感じるようになってくると思います。頭が良いとどんなメリットを受ける事ができるのでしょうか?

頭が良いことのメリット

トラブルや問題に対しての解決力が高い

頭のいい人は、何かトラブルや難しい問題があった時に、しっかりと考え、解決策を導きやすく、問題解決能力が高いとされています。

また、知識があれば様々な事例からどのような対応をすればいいか答えを出しやすくなりますし、頭の回転が早いが早い人ほど、状況に柔軟に対応できる能力に長けており、瞬時にいくつか解決策を考え、最も良い解決方法から提案したり試そうとします。

的確に状況を判断し、円滑に解決できるということは、大きなトラブルになりにくいということです。

的確なアドバイスができる

問題解決能力が高いということは、自分だけでなく、知人や、仕事の同僚など、他人の悩みやトラブルも解決できる能力が高いです。

知人に何か悩みを相談された時は、自分だったらこうするという考えがすぐに浮かびやすく、 悩んでいる人だけでは、考えつかないアイディアを導き出したりすることもできます。

また、頭のいい人ほど、様々な解決策を生み出せるので、「Aがダメなら、B」、「BがダメならC」の案という風に複数の選択肢を生み出すこともできます。

仕事が出来る

頭の回転が早く、処理能力が高い人は、一般的な人に比べて仕事がデキると言われています。

時間の管理はもちろん、将棋のように一手、二手先を読んで行動するので、すぐに仕事を済ませます。

早く仕事が終われば、余った時間は自分の好きな時間に当てることで、自分の人生を友好的に使うことができますし、一石二鳥ですね。

頭が悪いことのデメリット

逆に頭が悪いことによるデメリットは何でしょうか?

考えてみるとむしろメリットよりデメリットばかり浮かんできますが笑

しかし、人間力を高める上でとても重要なので、主なイメージをピックアップしてみましょう。

考える力が弱い

頭が悪いと、考える能力が低いため、何か問題があった時に、思考停止してしまいます。

今まで自分がやったことのない、分からないような問題に対して、解決策を生み出すことができず、心が折れてしまいます。そうすると「分からない」で済ませてしまい、時間だけが過ぎてしまいます。

トラブルに弱い

仕事だけでなく、普段の生活でも、何かトラブルが会った時、人はどうしたら解決出来るのだろう?と考えます。しかし、頭の弱い人だと、その問題に対しての解決よりも、問題が起こってしまったことに深く傷ついてしまい、考えるまでに至らない場合もあります。

仕事ができない

仕事というのは、毎日同じルーティンだけではありません、クライアントのニーズに合わせたり、その場の状況に合わせて柔軟に対応する必要があります。

頭の回転が遅いと、理解するまでに時間がかかるため、仕事が遅くなり、時間通りにこなすことができません。

利己的になりやすい

人として賢い人は、Win-Winになるように人と接するだけでなく、本当にいい人は、利害関係抜きで助けてくれる人がいます。

そうした人は他人の気持ちを考えることがしっかりデキる人で、自分が損したとしても最終的に自分が何かしら得することを知っています。

ただ、頭がずる賢い人は、他の人からの信頼を損なってしまうケースがあるため、頭がいいかどうか微妙なところです。本当に頭がいい人は、人をなるべく裏切らず、信頼を大切にします。

知識の高さだけじゃない?頭が良い人の特徴とは

つまりは、頭が悪いことに関してはメリットは無いと言えますので、少しでも頭を良くした方がいいわけですが、いきなり頭を良くすることはなかなか出来ません。

・好奇心が強く、他人の意見を受け入れる

・相手想い

・判断力がある

・数字に強く、物事の予測を立てられる

・時間の使い方がうまい

・難しいことをわかりやすく伝えられる

・素直さと謙虚さを持ち合わせている

といった具合に人としての特徴を持ち合わせているケースが多いです。

勉強だけでなく、普段から物事に対しての向き合い方の意識が高いので、高い知能を有することができるのです。

頭を良くする方法

普段から考える

理解力が高い人は、普段から考える量がとても多いです。

「考える」ためには、何かしらの「疑問を持つ」「予測する」ことが大事です。

何のためにやっているのか?など目的意識や物事の意味を考える癖をつけていくと格段に思考力が上がります。

優先順位をつける

考える力がつけば、メリット、デメリットなどもわかりやすくなってきます。そうすることで、物事の優先順位をつけて、自分にとって今するべき最優先事項は何か?といったことを瞬時に考え出すことができるので、自然と時間管理もできるようになってきます。

単純化する

優先順位がつけられるということは、物事をしっかり考えてから行動していることになります。複雑な問題に対しても、なるべく単純化して解決しやすいように問題を整理したり、1つずつ順番に突き詰めることができます。

読書をする

頭がいい人はやはり、持っている知識量がとても多いです。

何も知らない人と、ありとあらゆることを知っている人では、物事に対する対応力が圧倒的に違います。

普段の生活から、自分自身で情報収集を行なって、自分に必要な知識を補完する癖をつけていきましょう。

色んな人と会って話す。

どんな頭のいい人でも、自分だけの考えでは限界があります。そうした時に他の人からの意見を取り入れることによって問題解決の幅を広がります。

他の人の考え方に触れることによって、多種多様な意見や、アイディアを吸収していけば、もっと知能も、人としても魅力も上がっていきます。

まとめ

向上心を持って、普段から考える癖をつけていけば、誰でも頭をよくすることはできます。

一週間で1冊は本を読むとか、何でもいいと思います。普段から理解力を上げるトレーニングを習慣的に取り組んでいきましょう。

あまり難しく考えずに、とりあえずやってみることが大事ですね。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です