入社3年以内に辞めていい人と続けるべき人の違いは?社会人の悩み

どうも!SUGIです!

みなさんは入社したばかりの時、先輩から「とにかく3年は続けるべき」という言葉を聞かされた人を多いと思いますが、本当に続けた方がいいのでしょうか?

石の上にも三年は本当に信じるべき?

仕事を辞めたいと思うことってありますよね。今いる場所で仕事を続け経験を重ねた方がいいと考えている方も多いでしょう。しかし、三年という人生の大切な時間を本当に使ってでも続けるべきなのでしょうか?

「三年は辞めるな」と多くの人が思っていますが、、実際に三年続けた場合・辞めたの経験則を知っている人はそこまで多くありません。まずはそのメリットとデメリットを纏めてみましょう。

3年間続けるメリット

最初に3年間続けることによって得られるメリットからみてみましょう!

キャリアが安定する

あなたがもし人事部の面接官だったら

入社して1週間足らずで辞めてしまった人と、3年間続けた人の二人が居たとしたらあなたはどちらを雇いたいですか?

答えは後者でしょう。

これは当然のことですが、嫌な仕事でも働きながら次を考える必要があります。短期間での退職は今の日本では印象が悪いと思われてしまうため、次の希望する仕事が見つからないまま時間が過ぎて、貯金も減っていく…なんてことになりかねません。

自立して仕事ができるようになる

どんな仕事でも、最初は誰でも、まず職場に慣れるよう仕事をこなすのに精一杯になりますよね。

でもある程度時間が経つ内に仕事を覚え、効率が上がっていきます。後輩ができればマネージメント業務も行っていくわけですし、可能な限り自分が独り立ちして仕事ができるように慣れば信頼されるようにもなっていきます。

その領域まで行き着くまでにだいたい3年はかかるとされています。

自ら分析や提案ができる

3年も経っていれば、その会社だけでなく、業界全体の動向やトレンドなんかも分かってくると思います。

業績を元に、データを分析したり、営業効率を上げるにはどうしたらいいか。など業務に関する提案も次第にできるようになってくると思います。

また、同業他社の情報を掴んでおけば、転職を優位に進めやすくなります。

3年間続けるデメリット

次はデメリットについて掘り下げてみましょう!

時間が無駄になる可能性もある。

これは、希望する業界や会社に入れなかったり、やりたくもない仕事をダラダラと続けることで、成長もしない無駄な3年間を過ごしてしまうことですね。

入社してからの3年間を無駄に過ごすことほど勿体ないことはありません。三年あれば、だいたいそのお仕事のプロとしてエキスパートになれる要素をほぼ学べるはずです。

初めて触れる学びだからこそ吸収も早いわけですので、ダラダラと過ごしてしまうと周りに置いてかれてしまいますよ!

チャンスを失う

先ほどもお伝えしましたが、会社員として転職するのであれば、その会社で三年以上勤めているか、その業界で三年以上続けていないと厳しいです。

と言うのも、三年以上続けていないとスキル、経験があるとみなされないと判断されてしまうことが多いためです。あとは、勤務期間が短いと根気強さがなさそうとネガティブな捉え方をされてしまい、書類だけで選考を落とされてしまいます。

しかし、全く別の業界・業種であれば、若い方が有利です。とてもシンプルな質問で例えると

20歳の爽やかな青年と50歳のお年寄りだったらどちらを採用したいですか?

ということです。会社としては今後成長してくれる若い人の方がいいわけです。

後悔する可能性がある。

3年続けようか、それとも辞めようか

と悩んでいる時点で気持ちは「辞めたい」が先行しているわけです。悩み続けてダラダラと働い続けて、三年という時間を無駄にしてしまったあとでは遅いです。

新卒で22歳で入社したとしたら三年後は25歳です。25でしたら成績によっては役職につける人もいますし、さらにキャリアアップをしたり、学んだことを活かして起業したりとどんどん周りの人たちはどんどん成長していきます。

仕事が嫌だから辞める!なんて言う安易な考えは捨てて、ある程度計画的にキャリアを考え、それに向かっていきましょう。

10年後はさすがに世界が変わり過ぎていてイメージしづらいので、せめて3年後の自分がどうなりたいのかといったステージ感をイメージしておきましょう。

仕事を辞めた方がいい人

「ここにいても無駄だ」と思う理由が明確なら辞めた方がいいでしょう。それにニュースに取り上げられるような劣悪なブラック企業の場合、仕事を覚える以前に、心身を疲弊してしまいます。

下記のような状況の人は、将来を見極めて行動するべきかもしれませんね。

人間関係が煮詰まっている。

・パワハラやモラハラなどが横行している。

・社員の間で派閥的なのが出来上がってて問題になっている。

・悪意で仕事を教えない

など、法的にも問題がありそうなレベルのハラスメント行為が横行している場合は、早めに転職を検討してもいいでしょう。

まして人間関係が良くない会社というのは、社風や、企業の理念や方針に問題もあるケースがあるため、根が深く個人レベルで解決できるものではないケースがほとんどです。

しかし、実際に転職の際の理由を尋ねられた際に、人間関係のことを理由にするのは絶対に控えるべきです。

これを理由にした場合はほぼ不採用だと思ってください。

というのも、人間関係はどこの会社・組織に変わっても、必ず存在するもので、人間関係をうまくクリアできない人はその人自身に何か問題や原因があると思われてしまうからです。

くれぐれも気をつけたいところですね。

労働環境が劣悪

・サービス残業が常習化している。

・募集時の労働条件と実際と労働条件が違う

・休日出勤が多く、無給である。

など、今の会社の労働条件って何かおかしい。とおおう節があれば、労働条件など確認しておくべきでしょう。

労働条件は働く上で大事な決まり事ですし、キチンとした会社では、社員との約束事として就業規則などをオープンにされています。

しかし、募集時の求人には給与や休み、労働時間などの基本的なルールな募集項目に明記されていますが、入社すると違うじゃん…。というケースもあります。

まして、会社内では労働条件に関する質問や疑問がご法度のようになっていたり、何らかの理由をつけれらて有給休暇を取らせてくれなかったりするような悪質な場合は退職を検討する必要性が出てくるでしょう。

経営理念や経営方針への不信感

・経営理念を謳った言葉を宗教のように必要以上に暗唱や唱和をさせる。

・経営状況が悪く、安定を見込めない

・度が過ぎる企業活動で、社員が潰れていく

といった経営者の思いや考えを言葉や形ににしたものが働く社員と共有化できていなかったり、悪い方向に働いてしまっている場合です。

一般的には、顧客についての考え方や、事業の方向性や市場を拡大するための施策、社員への姿勢やメンタルケアについて、社会貢献などを具体的に反映させるものですが、これが悪い方向に進むと「悪い社風」となって風土が出来上がってしまいます。

例えば

・社内ルールがいちいち厳しく、大事なことに対していい加減になっている。

・上下関係が無駄に厳しくて上司の言うことは絶対になっている。

・社内のモラルが低く、金銭的・時間的感覚のモラルが低く、パワハラなどのハラスメント行為が横行している。

といった状況になってしまっている場合は、知人の会社の環境と比較したりすると自分の会社の風土がいかにとんでもない習慣があるかといったことの比較になります。

社風はこれまでの社内での長い歴史の中で構成されてきたもので、簡単には変えられるものではありませんので、あまりに違和感が強い場合は転職した方がいいでしょう。

うつ病・パニックなど精神病になりそうなら辞めるべき

劣悪な労働環境による大きなストレスを毎日のように浴び続けていると様々な悩みが深刻化していき、精神的に疲弊していきます。

挙げ句の果てに、うつ病やパニック障害になってしまった人、あるいは精神病になりかけているような危機的状況の場合は悩んでいる場合ではありません。

できることなら休職申請をして、休ませて貰えないようなら会社をさっさと辞めて療養するべきです。

「向いてない」と思うなら期間を決めておく

僕自身会社で面接官をしていた時に、やけに転職回数の多い人に出くわしたことがあるのですが、その人たち理由を尋ねてみると「向いていなかった」とか、曖昧な理由が多かったんですよね。

正直印象は悪いですね(笑)

向いてない」と言う曖昧な理由で辞めてしまう人は、次の仕事もやっぱり違うと感じてすぐ辞めてしまう傾向が多いため、採用率は低くなります。

これは日本の風土にあるので仕方ないのですが、転職回数が多いと転職市場ではかなり不利になります

軽々しく退職や転職を重ねてしまうと後々のキャリアに影響が出てしまうので、しっかりと腰を据えて、自分から主体的に取り組んでいきましょう。

少なくても6ヶ月、できれば短くても1年はは頑張ってみてください。だんだんと仕事の面白みややりがいを感じることができれば考え方も変わってくるかもしれません。

やりたいことが明確なら今すぐ準備をするべき

例えば、将来的に自分で事業をやってみたいとか、出店したいとか、こんな業界で働いてみたい!など自分のやりたいことが明確にある人は、すぐに準備していくことをお勧めします。

あなたが本気で取り組みたいことなら自然と自分で情報収集をして学びを得たり、実践をして技術を高めたり、何かしらの努力をするはずです。

その日々の積み重ねが、あなたの未来の思い出を作り上げるのです。

仕事を辞めない方がいい人

「仕事辞めたい!」と思っていても、安易な考えで行動をしてしまうと後悔してしまいます。もしあなたがぼんやりと気持ちがあるのでしたら、こんな状態になっていないかチェックしてみましょう。

あてもなく辞めると後悔する

もしあなたが転職先を決めていない、目処も立っていない内に辞めてしまおうとしているとしたら、私は絶対に止めます。

職歴にブランクがあるだけで転職市場での価値が下がってしまうため、次のお仕事を探す時に採用ハードルが上がってしまいます。

それに復帰してから働くことに慣れるまでにも結構な労力を使ってしまいますし、できる限り先を見据えて行動しましょう。

ただ単に会社に行きたくない人

会社員をやっていて「会社に行きたくない」と思っている人は大勢います。ただ行きたくないという気持ちで辞めてしまった場合、数年後に後悔することになります。

これは私自身も経験あるのですが、最初に入った会社がすごい良い人ばかりで環境もよかったのに、ふとしたきっかけで別の会社に営業で引き抜きにあって転職した時に前の会社の人と働きたかったと後悔したことがあります。

今ではそのあとたくさん経験できたのおかげでこうしてパラレルキャリアで新しいワークスタイルを築き上げているので感謝していますが(笑)。

辞めるのであれば、しっかりと計画を立てて次に働く場所を確保して、前向きに進めるようにして行きましょう。

仕事を覚える能力が身についてない人

物覚えが悪い人はどこの会社でも煙たがれます。逆に言えば物覚えがいい人はどこの会社でも求められる資質だと思います。

一度説明しただけでできるようになる人と、何十回と言わないと理解できない人だったらビジネスの世界で通用するのは明らかに前者です。

人間は忘れる生き物ですので、メモを素早くとる癖や、頭の中で覚える能力を高めておかないと「使えない」というレッテルを貼られてしまい、転職先で苦しい思いをしてしまいます。

ただストレスフルで疲れが溜まってる人は辞めないでおく

仕事量が多すぎる、社風が合わない、正当な評価をもらえない、給与が低い、残業が多い、などなど人間関係以外でもサラリーマンをやっているとたくさん悩みますよね。

こうした不満を抱き、愚痴をこぼす段階の場合はまだ辞め時ではありません。

仕事量が多すぎる場合は、思い切って断ってみましょう。無責任のように思えますが、自分のキャパシティを超えている・自分の役割ではないということを伝えることも仕事です。社風や評価については、自分の努力次第で改善できる可能性もあります。

まずは行動してから、その結果得られた結果を元に判断して行きましょう。

特にやりたいことがない人

やりたいことがない…。

こうした気持ちを抱いた人が会社を辞めると、仕事をしていなくても特にやりたいことがないので、結局またお金を稼ぐために会社員に戻ります。

別にやりたいことを仕事をする必要性はありません。仕事をお金を稼ぐ手段だと割り切って、休みの時間を趣味に活かしてもいいと思います。

どうしてもやりたい趣味を仕事にしたいという熱い気持ちがあるなら別ですが、特段やりたいことがなくてもいいと思いますので、少しづつやりたいことを見つけて行きましょう。

仕事を辞めたいけど言えない時の対策

仕事を辞めたい!という気持ちが湧き出てくるときというのは自分の心が弱っている時が多いです。なかなか人に言えずに悩んでしまう人も多いと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

家族や友人に相談ベースで話してみる

社内の信頼できる人でも構いませんし、知人でも構いません。一人でも信頼できる人がいればちょっとした相談ができるので、心の拠り所にもなります。

他人に打ち明けることによって、自分の考えがまとめるだけでなく、何か改善策を得られるかもしれませんよ。

「仕事を辞めたい」と悩み続けるなら辞めてもいい

もしあなたが、「仕事を辞めたい」とあまりに悩み続けた挙句、時間だけが過ぎていくぐらいでしたら、さっさと辞めてしまうのもアリです。

そのあとの行動がとても大事ですので、自分の経験を糧にして、次に進んで行きましょう!

まとめ

というわけで、今回は会社員をやっている多くの人が感じることをまとめてみました。もしあなたが会社を辞めたいと思いつめているのでしたら、この記事を参考にして、良い方向に進めるよう祈っています!では!

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です