フリーランスに大切な仕事が途切れない人に共通している3要素

フリーランスに大切な仕事が途切れない人に共通している3要素

どうも!SUGI(@sugi_chan)です。

2018年の8月末に会社を独立し、
フリーランスになって1年。

本当に有り難いことに仕事が途切れることなく
毎日を過ごすことができました。

フリーランスは、毎月一定の収入が
保証されているわけではありませんから、

どれだけ自分自身で仕事・ビジネスを
こなしていけるかによって

収入は大きく変わっていきます。

そのため、仕事がないという事態に陥れば
たちまち生活に困ってしまいますから

”仕事を切らなさい”というのは
フリーランスにとってとっても
大事なポイント
ですよね。

今回は、僕自身が1年間フリーランスとして
仕事をしてみて感じたこと、

一緒に仕事をしている人達を見て
感じたことを元に仕事を途切れさせない
コツをお伝えしていきたいと思います。

独立して1年。仕事が途切れない理由を考えてみる

これまでの一年を振り返ってみると
フリーランスになってから営業というものを
ほとんどしていない事に気づきました。

一度取引したクライアントから
継続して依頼して頂いたり、

知り合い伝いで紹介してくれたり、
変わりに僕という存在を売り込んで
案件を仲介してくれる人がいたりと

仕事探しの手段として自分で自分を
売り込むというかなりパワーのいる
行為をせずに業務に集中できているのは
非常に有難いです。

やりたくないことはやらないを徹底している

僕が一番最初から徹底しているのは、
やりたくないと本気で感じたら
その仕事は受け付けないというものです。

僕が思う“やりたくない“には2種類あって、

1つ目は単純にクライアントと一緒に
仕事したいと思えるかどうか、

2つ目は、その仕事をしていくに
当たって自分のビジネス構築に
活かせるかどうかです。

判断する基準はただやる気がないから!
という訳ではないです笑

どんなに高いfeeを頂いたとしても、
関係性も非常に悪く、信頼もお互いに出来ない。

必要最低限のコミュニケーションのみで、
こちらからの積極的な修復にも応じず、

お互いのビジネス構築における
リレーションに欠けるのであれば、

一度っきりでそれ以降の取引は
無い物とドライに考えています。

そんな状態で仕事をしても、
良いアウトプットも成果も提供できるとは
思えないですからね。

遊びに行く・話し相手になって一緒に楽しむ

意外なところかもしれませんが、
取引の方と一緒に遊んだり、飲みに行ったり
ご飯を食べながらどーでもいいような話も結構します。

お互いにこんなことしてますーとか、
僕の界隈ではこんな感じなんですけど、

そちらはどうか?と行った情報を交換しあったり、

取引先の友人や、元いた会社の先輩が
サバゲー好きだったりもするので、
そう行った遊びに関する話もたくさんします。

面白い話をお互い交えながら、
相手のためになりそうな情報も共有し合う。

距離感的にはちょっと友人と接するのに近いです。
もちろん相手にはリスペクトは欠かせないですが、

仕事が欲しくてガっついてしまうと、
引かれてしまいますしね。

それぐらいライトに接している方が、
一緒に仕事をしていたクライアントや、
知人が抱えている課題とか悩みに対して

ちょっとしたアドバイスをしたり
情報を伝えてあげる。

そうした小さな信頼関係の積み重ねが
仕事の話に繋がるのではないかと考えています。

安請け合いしない。お互いに信頼し合える関係を優先。

当たり前のことなんですが、

「仕事を安請け合いしない」

ということはめちゃくちゃ重要です。

仲良い人からの折角の相談だし、
忙しいけど受けておこう。
と思う人も多いはず、

僕は知人や身内から受ける時でも
金額や、スケジュールを確認して
厳しければお断りしています。

これには明確な理由があって、
本来自分に向いていない仕事まで
焦って受けてしまったり、

結局徹也までして時間を捻出するような
余裕がないと、仕事のクオリティも下がってしまいます。

100%のクオリティでアウトプットできるところに
それ以下のものになってしまう上に、
その対価も少ないのであれば、

自分の価値を下げる原因にもなりますので
潔くお断りの旨を伝えるべきだと考えています。

それに安さばかりを求めてくる人は、
その人に目がいっているわけではないので

長い目で見てLTVが高くなるような
クライアントになる可能性も低いです。

ここで仕事がなくて、
獲得しなきゃと焦ってしまうと、

「安くてもいいから仕事を受けよう」

「納期も短いし徹夜して頑張らなきゃ」

「疲弊してちゃんとした成果物が出せない」

「案件が途切れて、また同じことの繰り返し」

という負のループに陥ってしまうんですよね。
そうなると、自分にとっても、
相手にとってもよくないので、基本断っています。

仕事を途切れさせないマイルール4カ条

とここまで、自分なりの価値観を
まとめてみましたが、人それぞれ
仕事に対する考え方とかは違うと思いますし、

何が正しくて、何が間違っているのいった
明確な答えはないかもしれません。

これまで僕がいろんな人と仕事をしてきて
その考え方すごくかっこいいな!と
思ったことが、

・それ面白い!を大事に。自分のやりたいことをいうようにする
・相手にはリスペクトを!明るく丁寧なコミュニケーションを心がける
・仕事の報酬や納期など、自分だけ得をしようとしない。
・お互いにフィードバックを共有し合い、リレーションを築く

の4点です。
特に明るくポジティブに人と接するなんていうことは
ごくごく当たり前のことかもしれませんが、

やっぱり仕事ができる人。
取引先と継続してプロジェクトを遂行したり、
どんどん仕事が広がっていく人は、

上記のような要素を
しっかり持っているように感じます。

業務を進めていくにあたって
最低限のスキルや知識を持つということは
無論大事なことですが、

スキルがあっても、コミュニケーションに問題がある、
フィードバックがなく、改善もなければ、
この人はダメだなというレッテルを貼られてしまいかねません。

このような初歩的なNG行為で折角の
ビジネスチャンスを逃してしまうことがないよう
日頃から意識しておきたいですね。

仕事ができる人に共通する能動的な姿勢は超絶大事

あとは、個人でビジネスを実践するにあたって、
自分のビジネスモデルそのものを見直していくことも
重要なポイントになってきます。

企業、もしくは個人から
仕事の依頼をもらって業務を遂行するような
単発のスポット系のお仕事は、

先方からの依頼がなければ、
収益には繋がりません。

代わりに営業をしてくれる人を雇って
案件を定期的に回せるように仕組みを作る。

ブログや、メディア運営から、
広告収入、独自商材の販売などを行う、

より高単価な案件を受託できるように
ビジネススキルを高めるなどなど

収益アップだけでなく、安定化にも
着目していく必要があるのではないでしょうか?

もちろん、全部一気に実践していくのは
大変ですから、まず一つでもいいので
個人で力強く生きていくためにも、
実践されてみてはいかがでしょうか?

会社に頼らずともWEBで 複数収入を得るスキルを育てる 無料メルマガに登録する

SUGI

現在私は、会社を辞めフリーランスとして生活をしています。

 

WEBを使って複数の収入源を得るチカラをもとに
PC一台と自分の身さえあれば、
今はいつでもどこでもシゴトができる時代です。

 

 

・自分好みの趣味をしながらブログで月10万稼ぐ方法
自宅やお気に入りのカフェをワークスポットに
・でも収入を得るために何から始めていいのか分からない!
パラレルキャリアの概念を覆すストレスフリーな生活

 

僕がどうやって複数の収入源を得られるようになったのか?
どうやってシゴトもアソビも、自由気ままにして
暮らすことが
できるようになったのか?

 

といったこれからの時代に役に立つ情報
無料で公開しておりますので

ご興味のある方は、ぜひメルマガを購読してみてくださいね!

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼