本当に仕事ができる人が「サボり魔」な理由。超優秀な人の考え方

どうも!職場ではわりかしサボってばかりのSUGIです。日中の半分はスマホいじってます。

といってもやる事はちゃんとやっていますが笑。

「サボってばかり」なんて公言してしまうと勘違いしてしまうのですが、私の場合、自分の毎月の目標値はだいたい半月で達成してます。なのであと半分は自由というわけです笑

私の場合会社の仕事だけでなく、個人の仕事もあるのでスピード感を持って取り組む必要があります。

もちろん社内ルールによっては厳しい場合もあると思いますが、私の場合は会社でやることをやってそのあとは間の暇な時間で自分の個人の仕事を進めたり、他スタッフのサポートをしたり、明日やる仕事を先にやったりしています。

というのも、私はどうしてもダラダラ仕事をするのが嫌で、サクッと仕事終わらせて早く家に帰りたいと思ってしまうタイプなんですよねぇ。

そんな私でも昔は仕事が出来なさすぎてめっちゃ落ち込んで時期がありました。

仕事できない層から脱却したのにはいくつか理由があるので、後ほどお伝えしたいと思います!

誰もが「自分って全然仕事出来ないなぁ」と悩むことはあると思います。

あまりにも仕事が出来なくて周りから詰められたり、人関係が悪くなってしまうと、歯痒くてとても悔しいですよね?

では、仕事ができる人というのはどういう人か見ていきましょう!

仕事が出来る人の5つの考え方

現代はとてつもないストレス社会です。目の前の仕事に追われ、息をつく余裕もない。もしあなたがそのような状況なら働き方を見つめ直してみる必要があるでしょう。

息抜きの仕方がうまい

脳科学をはじめとする多くの研究結果から、人間の集中力はおおよそ1時間程度が限界と言われています。

ですので毎日、仕事する上で1日8時間を全部100%でノンストップで働き続けようとするのは無理難題なのです。

効率的に働く

仕事が出来る人たちは余裕を持って働いています。何か仕事を済ます場合、30分集中して5分休むとか、15分頑張ったら2、3分休むなど、自分なりに工夫して時間を使うと良いですね!

人に任せるのが上手い

何年か仕事をして経験を積んでいくと、人によっては役職に着くこともあると思います。

日を追うごとに片付けたつもりが、どんどん仕事量増えていくんですよね。

そうなると全部自分でやろうとするとパンクしてしまいます。適度にほかの人に助けて貰ったり、仕事をパスして効率よくこなしていく事が大事ですね!

ポジティブ思考

仕事ができない人はネガティブな口ぐせが多いため、思考性が落ちます。特に日本人の多くの人は出来ない理由はたくさん出てくるのに、できる理由は考えない傾向にあります。

もちろんリスクを計算してしっかりと考えてから行動するのは良い事ですが、度がすぎると悪い方向に進んでしまいますので、意識的にできる理由を考えたりしてポジティブ思考を少しずつインプットしていきましょう!

オン、オフの切り替えが上手

人間たるもの気持ちの切り替えが出来ないとネガティブな感情を長引かせてしまいますし、気持ちが落ち込んだままだとストレスも溜め込んでしまいます。

ひどい場合にはうつ病になってしまう…なんてこともあるかもしれません。そうなると仕事どころではありません。

気持ちを上手く切り替えるには日頃からオンオフの切り替えをしやすいように生活習慣を整えておく必要があると言えるでしょう。

まとめ

私も決して自分が仕事が出来るタイプというわけではないかもしれませんが、もしてんてこまいな仕事振りになってしまっているとしたら上記の内容を実践するだけで変わるかもしれませんので、是非取り組んでみてください。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です