20代のお金の使い方!自己投資が上手になる10個の使い道

どうも!SUGIです!

学生から社会人に転換し、数ヶ月、数年、ずっと毎日大変な思いをしながら稼いだお金でみなさんは何を買っていますか?

経済的にも自立していく必要があるこの時期ですが、どうすれば有効にお金を使えるのでしょうか?

20代が最もお金を掛けているものをデータでまとめて見ましたので参考にしていただければと思います。

若いうちから行う自己投資の重要性

20代で貰える人のほとんどは、手取りの給与でギリギリの生活をしている人が多いです。

自己投資をするためには、ある程度の貯金も必要になってきます。自分の将来は、どれだけ自己投資ができたかどうかで、質が変わってきます。

しかし、自己投資するための資金がなければ、本末転倒です。

少しでも無駄な出費を抑えて、自分が成長できるように投資していくためにはどのようにしていくべきなのでしょうか?

5つの自己投資の考え方

自己投資」と「浪費」には決定的な違いがあります。浪費は何か商品を買ったり、時間を使ったりしても、自分の財産が増える可能性がないものです。

一方、自己投資は、お金を使ったり、時間をかけたりすることで、自分の資本財産(お金、時間、健康など)が増える可能性があるものです。

ですので、少しでも自己投資をするためには、「自己投資になるもの」、「浪費になってしまうもの」の区別を上手く付けていく必要があります。

健康を買う

何よりも、自分の身体は一番大事な資本です。健康無くして、毎日を生きることはできません。

お酒やタバコが多い人は、できるだけ呑む量を減らしたり、禁煙をして、少しても運動をしたり、ジムなどに通ってトレーニングやスポーツをした方がいいでしょう。

体験を買う

20代のうちはフットワークが軽いので、色々な経験をしやすい年代です。

独身とかでしたら、ちょっとお金を貯めて気軽に一人旅行や友人とレジャーなど気軽に行けます。

将来的に結婚したり、子供ができるとそれだけ幸せは増えますが、色々家庭のことも気にしていく必要があるので、なかなか気軽に旅に出たりすることは難しくなってきますよね。

もし将来の自分が、歳をとってから「若いうちからもっと色々なことをしておけばよかった!」などと後悔する人生を迎えたらどう思いますか?

自分が体験したことは自分の経験として蓄積されていきますので、ぜひ色々なことにチャレンジしていきましょう。

知識を買う

今後の人生において、知識を持っているかどうかは将来性に大きく関わってきます。

特に、日本では、お金に対する知識が軽薄です。学校では一切教えてもらえないので、大人になってからとても苦労します。

そうした苦労してきた人たちが必死に問題を解決するために考えに考えて、知識を身につけてきた人が、少なからずいるわけです。

この世界では、そうした人がその専門性を活かした本を出版したり、情報を発信しているわけですが、

実際に1冊でも月に本を読んでいる人は日本人の50%以下と言われています。

月に3〜4冊ともなると10%程度です。

本を積極的に読んだり、勉強をすることで今後の人生に大きく影響が出てくると思いますよ。

時間を買う

私たちが一日で過ごせる時間は24時間と決まっています。

そもそも、一日の過ごし方がだらけてしまっている人は、積極的に時間の使い方を見直すべきでしょう。それ以外だと、会社の通勤時間や、洗濯や家事などの雑務も大きく時間が取られてしまうものですよね。

会社の通勤時間が片道1時間の人と、15分の人では、往復すると1時間30分もの差が生まれます。

その1時間半でできることは何か考えてみると、何か有効に時間を使えそうな気がしてきませんか?

それが月20日も出勤したら20時間以上失っているわけです。

引越しを検討したり、洗濯や、家事を自動でやってくれる機械を使う方がその分自分の時間を得ることができます。

投資をする

年齢を重ねてからもお金を増やし続けるために、若いうちからお金に対する勉強をしておきましょう!

投資=株やFXをするということではなくて、どうやってお金が生まれて、どうお金が流れていくのかということを勉強するということです。そうしたビジネス的思考があるかどうかで今後の生活に大きく関わってきます。

それに投資をするためには、ある程度の費用も必要です。貯金は多いに越したことはありませんので、まずは、100万円の貯金。その次に投資できる資金を100万円という感じで貯めていきましょう。

20代で100万円単位の貯金をするのはかなり大変です。しかし、今後の人生を生きていくためには必ずやっておいた方がいいと思いますよ!

お金の使い方のすすめ

お金を使うときは、できる限り「浪費」は抑えて、「自己投資」をしていくように意識していきましょう。

自己投資といっても、自分の仕事や、将来性に全く関係のない難関資格とか勉強をしてもお金と時間、労力の「浪費」でしかありません

自己学習も大事な投資要素ですが、自分のまず目指す方向性はなんなのかをしっかりと考えて行動しなければなりません。

<お金の使い方>3つのポイント

・お金・時間、労力を使って「自己投資」になるものか見極める

・何か買う時に、自分の生産性が増すなら「浪費」は「自己投資」になる

収入UPや、自分の必要な能力UPになるか考える。

このような考え方で実践していくと、自然と無駄遣いは減っていくと思いますよ。

例えば、お酒やタバコや基本的には、自分の体に害が及びますし、タバコ代やお酒代も結構高いですので、一般的にいいことはないですので、浪費に分類されますので、禁煙などをしていくべきだと考え直せると思います。

そういうところから効果的に節約をしていくことができます。

節約した分のお金で、ビジネスなどの参考書や、自己啓発本を読んでみてもいいと思いますし、新しい趣味を始めてもいいと思います。

趣味も極めていけば仕事につながる要素になるので、素敵な自己投資だと思いますよ!

今からすぐに変えることができることだと思いますので、まずは一つずつ実践されてみてはいかがでしょうか?ではまた!

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です