入社1年半で仕事を辞めても大丈夫?辞める前に必要なこと3選

みなさんこんにちは!SUGIです!

新卒で入社してから1年半が経ち、いい加減この会社辞めたい!とか思い初めている人もいらっしゃるのではないでしょうか?私自身ちょうどその時期に転職と起業をした身なので、そんな方の指針になればと思います。

私はベンチャー企業を転職し、現在では大手通信キャリアで営業をする傍ら、個人でWEBマーケティングや、WEBサイト制作、デザインなどの業務を行なっています。ベンチャー企業で従事していた時は人事採用も担当しておりました。私が転職を決意したのは、入社から1年半の頃で、仕事も覚えてきて、一人で色々こなせるようになってきて、これから!という所でしたが、結局その会社を2年勤めて転職と起業をしました。

とりあえず3年は働くべき?「とりあえず3年」の意味とは?

一部では、若者の早期退職が問題視されている傾向の中、世間的には、そんなたったの1,2年働いて辞めてしまうなんて人生棒に振ってしまうだけだよ!と思われる傾向にあると思います。

「三年飛ばず鳴かず」とか「石の上にも三年」、「桃栗三年柿八年」なんてよく故事のことわざでも言いますね。ずっと昔から多くの人が語ってきたわけですから、その説得力は強大ですので、多くの人が信じていることだと思いますし、なおさら”3年”というボーダーラインが引かれるわけですね。

しかし、人によって、”3年”という人生で過ごす時間の価値観は違うはずです。例えば、

“嫌々過ごす3年”と”楽しく過ごす3年”の二通りあるとしたらあなたはどちらを過ごしたいですか?

断然、楽しい3年間の方がいいはずです。誰もがそう思うはずです。

人によって、楽しいか、そうでないかという感性は違います。なのでAさんがとある会社で従事しているのが楽しいと感じていても、Bさんはそう感じないこともあります。

その本質的な部分というのは、自分にとっての、”3年間”がどんな時間でありたいか?ということが欠如していて、本当に過ごしたい時間を過ごしていないケースが多いです。

極端な例だと、世界的なレーシングドライバーを目指す人が、サラリーマンを3年過ごすのと、レース漬けな日々を3年過ごすのでは、時間的価値は前者だと圧倒的に無駄な時間でしかありません。

そもそもの前提として、その人と仕事との相性が絶望的に悪い場合は、何十年も頑張って続けたとしても「魅力」を感じる可能性はかなり低いでしょう。それは会社環境でも同じですね。

本当に辛くて仕方ない時は逃げよう!

一般的には、就職3年だと、22歳で大学を卒業して、会社に就職をし、仕事を一通り覚え、後輩もできて、マネジメント業務などもする頃だと思います。しかし、ただ漠然と、言われるがままに3年間を過ごした結果、何も得られず、その会社や、組織にどっぷり染まりきり、生気を失い、転職や、自分のやりたい事業を起こす意欲すら持てなくなってしまうことでしょう。

会社で数年間かけて培ったスキルというのは、あくまで”その会社でしか通用しないスキル”だったということも度々ありますので、その3年という時間を過ごすことをイメージした時に将来の選択肢が狭まってしまわないか?考えてみると自分が本当にどうしたいかがわかると思います。

世の中にはたくさん会社がありますから、今働いている会社が駄目だな!と思ったら早めに見切りをつけて、新しい環境に飛び込んで成果を出した方が楽しめると思いますし、長く仕事を続けていけば、そちらの方がより社会貢献できますし、自分自身の精神衛生も改善できると思いますよ!

特に、巷でいう”ブラック企業”というのは若手の人材をボロボロになるまで使い回した挙句、使い物にならなくなったらクビを切って、人材を入れ替えるだけですので何も良いことはありませんし、仮に会社を辞めて人材が足りなくなったとしても、それは会社の問題であって、あなた個人の問題ではありません。

もし退職を検討していて、どうしても残って欲しいとか、もしくは退職できないように促される場合は、そういった自己犠牲精神は捨て去り、あくまで”いのちをだいじに”のスタンスで自分の身体や、精神が廃れてしまうことがないようにしましょう!

自分のやりたいことや、理想的な人生をイメージしよう!

しかし、闇雲に会社を辞めてしまうと残るのは”退職”の2文字だけです。収入もありませんし、社会的な繋がりもありません。そうなってしまうとせっかく辞めたとしてもお先真っ暗ですよね。なのでその先のこともしっかりと考えた上での退職でしたら何も不安になる必要はないと思います。

自分の興味のある分野や、好きなこと、やってみたいこと、得意不得意など自分自身のことを徹底的に掘り下げていくことで、その後のキャリアプランが見えてくると思いますよ!

まとめ

ポイントは下記の3つですね!

・3年間という時間に価値があるかどうかイメージしよう!5年後、10年後まで想像できると尚良い!

・身体・心の健康が最優先!本当に辛い時はさっさと逃げよう!

・自分のやりたいことや目指す物を見つけよう!どうありたいかまで見えると最高!

というわけで今回は入社から一年半ごろによくある悩みのお話でした!特に二十代でやることって今後の人生に大きく影響すると言いますし、いっぱい悩むと思いますが、そこは悩んでしまうのではなく、一緒に問題点を洗い出し、現状から抜け出せるようにしていきましょう!ではまた!

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です