長期的な視点と短期的な視点を活用して人生を激変させる5つの方法

目の前だけ見ているのか?先を見ているのか?

あなたは将来どうなりたいですか?もし、ざっくりとした将来像が描けない買ったり、自分の目標が何もないと、なんだかやるせ無い気持ちになってしまったりするものです。

出来ることなら、自信を持って「将来はこうなるんだ!」という夢を持ち合わせていたいものですが、そうした自分の理想のイメージを持っている人は稀ですよね。

少しでも、自分の理想像を形作るにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは長期的な視点で考えてみる

目標設定において自分が実現出来るかどうかは、とても重要な部分になってきますよね。しかし、人それぞれ自分自身を描くための基礎材料や、知識、経験、必要な労力は違います。

比較的簡単に実現できるものもあれば、並大抵の努力では実現できないような目標もあるでしょう。

とにかく自分の実現したいことをリストアップし、その中でも最低限自分が「これだけは実現させたい!」という目標に対してアプローチしていきましょう。

その目標をいつまでに達成したいのか?ということをイメージしていくと道筋が見えてきやすいです。

目標から逆算して目の前のやるべきことが短期的な目標になる。

いつまでに達成したいのか?目標を立てると、そこまでに何か必要なのかだいたいわかってきます。

次は、そうしたやるべきことをToDoリストに落とし込んでいきましょう。

自分の日々の生活の中で習慣化することで、自分を少しづつ変化させていくことができますので、この考え方も非常に重要になってきます。

短期的に”得”は長期的に”損”なことが多い?

こうした長期的な考え方もせずに、目の前のことだけに執着してしまうと、自分の衝動的な欲求にばかり見を任せてしまいますよね?

そうすると、今は良くても、ちょっと後になって後悔してしまったりすることもありますので、今の自分の選択が未来にいい影響をもたらすのかどうか?ということも念頭においておきたいですね。

無理して長期的に考えない

もし、いろいろ考えても、将来像がイメージできないのであれば、まだ未来の自分を想像する段階にはまだ早いのかもしれません。

そういう時は、自分の将来像を描くのをあえてやめてしまいましょう。

今の時代は、とても変化が激しい時代です。自分の想像していることとはかけ離れている未来が起こり得ます。

自分の変化だけでなく、外部環境の変化にも柔軟に対応していくことも大事になってきます。

いわゆる行き当たりバッタリかもしれませんが、人生を変えるようなチャンスというのは、考えもしないタイミングで訪れます

そのチャンスを掴めるかどうかは、そうした運要素と、自分の柔軟性に左右されていきます。

【長期的な視点をさらに活かす方法】

・短期的なイメージも大事

・日々試行錯誤をする。

・常に変化することも念頭に入れ、柔軟性を持つ

ということですね。

頭で考えない。目標シートも活用する

目標だけでなく、悩みや問題を解決しようと、何か考える時、頭の中では、ものすごい情報が飛び交っています。

そうした状態で、頭の中だけで考えて解決しようとすると、情報が多すぎてパンクしてしまい、整理がつかなくなってしまいます。

何か考えたりする時は、紙や、ノートなど、何かに書き出すと情報が整理しやすくなります。

【人生の目標設定】

仕事・・・自分の仕事・キャリア・ワークスタイルに関する計画を立てる

家族・・・家族、住まい、友人、恋人、結婚、生活環境などに関すること

健康・・・食事や睡眠、運動だけでなく、お酒やタバコなどに関すること

趣味・・・自分の好きなこと、人生をより楽しむプライベートなことについて

社会・・・社会と繋がり、何か貢献することで幸福度が増します。市民活動でも構いません。

 

の5つの項目で分けるとイメージしやすくなると思います。人によっては、紙に書くより、エクセルとかで打ち込んだ方が良かったり、自分との相性があると思いますので、自分がやりやすい方法で構いません。

大切なのは、目標を立てることではなく、目標を達成することです。

できるだけ、手軽に見たり、書き込んだりできる方が日々の生活で目にする機会が多くなりますし、普段から確認して自分の目標や計画からブレてしまっていないかチェックすることも大事です。

目標を作るだけだったら意味がないですからね。「じぶん設計図」など、自分好みに目標シートをデザインして自分自身をデザインする感覚で楽しみながらできると取り組みやすいと思います。

自分が実践しやすいように工夫してみてくださいね。ではまた!

 

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です