やりたくない仕事は断る!上司からのストレスが溜まる前に上手に断る7つの方法

どうもSUGI(@sugi_chan)と申します。

社会人になって、会社で仕事をしていると

「その作業終わったら、次の予定までの間にこれやっといて!」とか「この仕事やって欲しい!」

と何かしら仕事を頼まれる場面ってありますよね。そういった仕事がやりたいことならいいのですが、大抵「やりたくもない仕事」ばかりで嫌な気持ちになってしまうものですよね。

かといって仕事を断ると後味が悪いと感じてしまい、断りにくいですので、嫌でもやるのが常態化してしまうケースが多いです。

企業に属している以上は避けることができない突発的な「やりたくない仕事の依頼」を断るにはどうしたらいいのか?なるべく嫌な印象を与えずに、スムーズに断る方法をご紹介いたします!

嫌な印象を与えずに「断る」!7つのNOとは?

ここでは仕事をやんわりと断る方法を7つに分けてご紹介しますが、同じような断り方を連続でしたり、全部仕事を断ったりすると信用を著しく失うので絶対にやめましょう

会社で仕事をしていく以上は、人間関係ありきですので、「相手の気持ち」をしっかりと考えて偏ることなくバランスよく対応していくことが大切です!

仕事の適用・不適用を明確に伝えよう!

仕事をする以上は、受注した仕事をしっかりとこなして、納期までに仕事をしなければなりません。そこには仕事内容に慣れているかどうか、そして得意、不得意、その仕事内容に詳しいかどうか、ということもあるでしょう。

仕事を断る場合には、その点を伝えてみることで、もっと他にいい適任者を見つけてくれるかもしれませんし、逆にあなたにとって有益な情報を提供してくれたり、学びを得る機会をもらえるかもしれません。

自分を無理に卑下にしてしまうと、あなたの仕事や社内の評判やキャリアを下げることになりかねませんので、言い回しには気をつけましょう

あくまでも謙虚に!断る時は、角の立たない相手想いな伝え方をする!

どんなにやりたくない仕事でも、人から頼まれた仕事を断るのはとても勇気がいるものですよね。

仮に断ったとしても、その後の人間関係や、自分の立場のことを考えてしまうと、いやいや仕事を引き受けることになり大きなストレスを抱え込んでしまうことに・・・。

ですので、社会人として生き抜いていくためにも、断り方をスムーズに相手に嫌な思いをさせないような伝え方が大切です。

ただ「できません。」「いいえ、お断りします。」と冷たくはねのけてしまうのは、人とのコミュニケーションとして不十分ですので、できるだけ前向きな気持ちを伝えつつ、相手の気持ちを考えて敬意を表すことがポイントです。

やりたくない仕事を断る代わりに、代替案を提案する

仕事をしていく以上、断りたくても、どうしても本音で「NO」と伝えにくい場面ってありますよね。

それでも仕事を受けるのが厳しかったり、どうしてもやりたくない仕事であれば、代替案を提案してやんわりと断る旨を伝えてみましょう

「今作業中なので、終わってからでもいいですか?」といった風にやる気があって、可能な限り手を尽くしたいけど現実的に難しいというニュアンスを伝えると相手に不快感は伝わりにくくなりますよね。

忙しいにもかかわらず、無理に仕事を受けてしまうと、自分がかなり大変ですし、疲弊してしまいます。相手の気持ちを傷つけないバランス感を意識して丁寧に断りを伝える術を使いましょう。

他に仕事をお願いできる人を推薦して依頼してもらう

この方法は、闇雲には使えません。なぜなら他人を巻き込んでしまうからです。

それでも、本当に自分がキャパシティがいっぱいだったり、専門知識が乏しかったりする場合は、余裕のある人、その分野の知識を有している違う人にあたってもらうことで仕事の割り振りをコントロールすることができます

仕事を他人に降る以上は、相手との信頼関係がしっかりと築けていることが大前提ですから、普段から社内でのコミュニケーションをとって円滑な関係を持っておくことが必要不可欠でしょう。

仕事を断る基準を事前に決めておく

その他の方法としてあげられるのが、仕事は基本的に受けるというスタンスを持ちつつも、この条件だった場合は断るという基準や方針をある程度持っておくことです。

僕の基準は、単純な労働作業、いわゆる思考やアイディアを必要としないルーティンワーク基本的に断ります。あとは利益にならないもの、自分の成長やビジネスに活かせないものは、なるべく断るようにしています。逆にいえば、利益になるもの、自分のビジネスになるもの、少しでもインプットや思考・アイディアが広がるものには手を出していくスタンスということです。

仕事なので、あくまでも最低限の損得勘定で取捨選択することは大切だと思います。

ここまで徹底することは会社内ではかなり難しいと思いますので、ある程度緩めな基準で設けてもいいかもしれませんね。

ただ、義理人情的な部分、仕事以外のコミュニケーションや、レクリエーションなどは大切にしたほうがいいですね!度がすぎると人間関係にヒビが入ってしまいますし、最悪の場合、信頼を損なってしまいますからね!

どうしてもやりたくない仕事は、誠心誠意謝って断る!

やりたくない仕事を断ろうとした時に、はっきりと「やりたくないです!」なんて断るとなんだか角が立ってしまい、最悪の場合、会社に居づらくなってしまいます。

今後のこともしっかりと考えて、断るための言い回しには慎重になりましょう。

例えば、「お受けしたいのですが、この案件は私には荷が重く、かえって他の皆さんにご迷惑をおかけしてしまう可能性がありまして・・・。」という言い回しはどうでしょうか。

角の立たない言い方に聞こえませんか?ニュアンスとしては、本来は自分が引き受けるべきだが、他の人に迷惑がかかることを心配しているという雰囲気を伝えましょう。自分勝手ではなく、仕事や他の人たち全体のことを考えてくれている人という印象でしたら好感持てますよね。

しかし、自分が仕事を断ることで、相手に迷惑がかかるということには変わりありません

どうしても!と理由で断ったわけですので、断った仕事の替わりに、埋め合わせで出来る他の仕事をやるという意思表示はしていきましょう!これは後々になってから伝えても意味がなくなります。断る時に一緒に提案することが相手を安心させてあげることができるよう配慮することが大切です。

しかし、「やりたくないから、断って当たり前!ふふん!」みたいな謙虚のカケラもない態度が少しでも相手に伝わってしまうと、今後の会社内や、取引先との関係に大きなヒビが入ってしまう可能性があるので、絶対に注意しましょう!

まして、会社内で「使えない人」、「やる気のない人」というレッテルを貼られてしまうと大変ですからね。

断り方はたくさんありますが、やはり一番大事なのは、断るときは、誠心誠意、素直に謝罪しながら断るということが大切です。

仕事を新たに引き受けるスケジュールや余裕がないことを伝えよう!

これは私自身がよく使う方法でもあるのですが、やりたくない仕事を断る時に有効なのは、スケジュール的に不可能ということを伝えることも手です。

例えば今週の金曜までに納品しなければならない仕事を受注していて作業もギリギリなのに、そこにさらに別の取引先とのミーティングや、新しい案件の相談が来たらどうでしょう?かなり厳しいですよね。その場合は時間的に難しいということを伝えて断りましょう。

よく私は言われた仕事を断れないんです・・・。という方を見ますが、ある意味それは仕事が出来ないのと一緒です。自分のキャパシティをしっかりと理解して、仕事を受注しましょう。でもたまには頑張る時も必要ですよ♪

しかし、自分の上長や同僚など、相手がこちらのスケジュールを把握できるようなポジションの人たちの場合は、本当にその仕事や出張などがあるのかどうかという事は完全に筒抜けなので、気をつけて対応しましょう。

最後に

というわけで、やりたくない仕事を断る方法のご紹介でした!

やりたくないことを無理して続けていると過度にストレスが溜まってしまいますし、はっきり断ってしまうと相手に不快感を与えてしまうので難しいですよね。

断るにしても、コミュニーケーションをバランスよく使って相手の気持ちを考えながら断っていくことが、職場の人間関係にヒビを入れず、円滑な過ごしやすい環境を続けていく必要条件ですからね。

僕自身、自分の一時期仕事をしすぎて、ストレス過多・過度な疲労で大変苦労したことがありました。それで、このまま仕事を続けていて大丈夫なのだろうか?と悩んだり、苦労した時期があって、辛い思いを抱えたまま過ごしていたのですが、そういう思いを抱えたまま過ごすのってとても辛いんですよね。

色々考えて自己分析を繰り返した後は、嬉しいことに生活が一変して、人材派遣会社のスタートアップで新事業を任せて貰ったりさせて貰えるようになったりと、とっても人生が変わりました!

現在は、今までの経験を元に、何か少しても悩みを解決して気持ちが前向きになれればと考えて仕事やキャリアに悩みを持つ方向けに、WEB制作などのWEBビジネスをしながら、僕個人で、キャリア・人生に関する相談や情報発信を行っています。

現在、期間限定で、無料のキャリア相談を受け付けています。

自分の力を最大限活かせず、辛い思いを抱えたまま仕事をして過ごしているのはとっても辛いですからね。よければ興味のある方は一度お気軽にご相談ください!

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です