どうしても勝てないときに自分に必要な3つのこと

自分が好きなことでもどうしても周りと競わなければならない時ってありますよね。

どれだけ練習しても、努力したつもりでも勝てないことが続いてしまうと、辛くて辞めてしまいますよね。自分だけ周りから褒められず、評価もされないと、精神的にもキツイです。

あ!自分はこれが得意なんだ!これなら負けない!」という分野があれば、自分を周りにアピールしやすく、認知度も上がりやすいです。

少しても自分が勝てる分野を見つけるにはどのようにしていけば良いのでしょうか?

勝てるようになるために必要な5つのこと!

自分が勝る分野を見つけるためには、まず、自分のことを深く理解していく必要があります

ふわふわっとしている状態では、自分が何に対して、どのように取り組めばいいのかが全くわかりません。

まずは、自分がどんな人間なのか、何が好きなのか?といった具合に考えて深掘りしていきましょう。

極端な例でいうと、「好きな飲み物は三ツ矢サイダーで、スプライトは苦手」とかでも構いません。

自己分析をする

自己分析はいかに客観的に自分のデータを集められるかが重要になってきます。

小さいころから自然と取り組んでいたものは何かを知ることで、自分の強みを掘り出します。

小学生→中学生→高校生→大学生→社会人

それぞれの時期で「自分が取り組んだこと」「達成できたこと」「忘れられない体験」はもちろん、「悔しかったこと」を中心に掘り起こして自分史を作ってまとめてみましょう。

自分自身の過去のエピソードから自分の得意な分野や、好きな分野に気づくことができるかもしれませんよ。

自分が得意な分野を探す

自分の過去を振り返った内容を元に、より具体的に掘り下げていきましょう。

自分が得意な分野というのは、手馴れていて、自信を持って上手に取り組めるものです。

そういう自分が得意なことってなんだろう?と考えてアウトプットしていくといいですね。

自分が勝てる分野を探す

人にはそれぞれ、得意不得意というのもあります。

どんなにやりたいことでも、苦手なことだと、その成長スピードは得意な人よりも劣ってしまいます。

もちろん、その気持ちが強ければ、努力である程度カバーはできます。

逆に言えば、努力しても勝てない分野で頑張ってもしょうがないとも言えます。

人とは違う、自分だけのフィールドを作り出していければ、市場を独占することができますので、気持ち的にも楽になっていきますよ。

苦手分野は得意を活かす調味料と考える

日本人の傾向として、苦手を克服せよ!みたいな風潮があると思いますが、その声は果たして大切なのでしょうか?

苦手なことをできるようにすることは大変素晴らしいですが、無理をしてまで克服する必要はないと思います。

自分の得意なこと、好きなことを突き詰めていくのに、どうしてもある苦手なことを克服しないと前に進めない。

そんな時には、ぜひ克服するべきです。

苦手は得意を伸ばすための調味料」という意識で考えると、無理に自分を押し付けずいいバランスで取り組めるのではないでしょうか?

分析を元に練習をする。

最初のSTEPから自己理解をやってみて少しづつ自分のことが見えてきましたか?

自分では無意識に行っていることが意外とたくさんあると思います。

自分自身にしかできない、あなただけの能力を効率よく使えば、人を幸せにしたり、感謝されたり、何かしらのプラスの影響を与えることができます。

得意分野を理解したら、その分野を突き詰めていきましょう。

人からよく褒められたりすると「得意なこと」に気付きやすい。

色々考えてみたけども、自分の得意なことが見つからないという人は、自分の実体験が少ないかもしれません。そうした経験不足の状態では、自己理解を深めることは難しいので、以下の内容を意識していくと、徐々に自分の得意分野が見えてくると思いますよ!

・自分でぐるぐる考えてもダメな時は、他人からの視点を取り入れると見つけやすい。

・特に好きでもないけど、よく人から褒められることは何か?

・周りの友達や、職場の人と接していて「なぜ他の人はすぐにできないのかな?」と思ってしまう事

・特に周りに言われるわけでもなく、好きとも思っていなかったけど続けていたことは何か?

といった質問を自分に投げかけて得られる答えは自分の得意分野である可能性が高いです。

自分の得意分野を伸ばす。人に褒められるために必要なこと

本当に自分の興味や関心のあること、やってみたらめちゃめちゃ面白そうだと思えることはどんどん続けていけますし、自然と頑張れてしまうものです。

何年もやり続ければどんどん得意なことに変貌していきます。そのためには

自分の知識や、技術人に見せる

・「得意なこと」「好きなこと」を掛け合わせる

・さらに「需要があること」を組み合わせる。

ということも意識していくと、得意分野を伸ばすサイクルを早めることができますよ!

それに、自分の好きなこと、得意なことがわかると、本当に人生が思いっきり豊かになります。

仕事だけでなく、勉強でも、普段の生活でも、なんでもそうです。せっかくなら少しでも得意なことが多いに越したことはありませんからね。ではまた!

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です