仕事がつまらない…と感じた社会人2年目にオススメの5つの心構え

「最近、仕事をつまらない」「仕事が辛いと感じる」「まだ2年目なのに会社を辞めたくてしょうがない」など社会人2年目になって凄い悩んでいませんか?

新卒も入社してきて、人によっては後輩のマネジメントも行なっている人もいらっしゃると思います。2年も経つとそれなりに仕事も慣れて、会社のことがわかってくる時期であり、退職を考える人も多くなります。

では、多くの人が陥る辞めたい症候群の理由はなんでしょうか?

2年目で会社を退職したくなる理由とは?

参考までにVorkersの調査レポートから見てみると、新卒で入社して3年以内に退職した平成生まれの社会人による企業評価レポートの「退職理由」について最も多い理由は、「キャリア成長が望めない」、次に「残業・拘束時間の長さ」、「仕事内容とのミスマッチ」となりました。

出典:VORKERS

若手社会人の4人に1人は、今の会社でのキャリア成長に疑問を感じ、新天地を求めて退職していることが多いです。

「今の会社にいて成長できるのだろうか?」

「長い将来を考えると、手に職が付いてないきがする。」

「思い描いていたキャリアと違い、自分の将来像と重なる部分がないと感じたため」

などキャリアに対する不安が多いようです。特に私たち若手の社会人世代にとって、終身雇用制度や年功序列といったキャリアアップを望んでいない層がほとんどですから、企業にとっては、いかに成長できる場を提供し続けることができるかどうかが重要になります。

他には、「残業・拘束時間の長さ」がかなり割合を占めていますね。残業が慢性化していたり、定時で上がれることがまずない環境だったりすると精神的な負担が増えてしまいますよね。

仮にそういった理由で転職を決めたとしても、転職先でも会社が組織であることには変わりませんので、最低限社会人としての心構えは持っておきたいものです。

新入社員必見!入社3年目までの5つの心得え

無駄なプライドは捨てよう!

なんだか偉そうな態度だったり、先輩や上司からの意見や注意などをまるで受け入れず、自分が一番だ!みたいな態度をとってしまうと周りからの目はかなり厳しいものになります。

そういう人とは関わりたく無くなってしまいますし、もし自分の周りにそういう人がいたらどうでしょうか?会社内での居場所もなくなってしまいますし、大して良いことはないので、謙虚に振舞いましょう!

周りの人に感謝しよう!

仕事というものは決して一人では出来ません。ものすごい地味な仕事をしていたとしても、誰も見ていないようで誰かが見てくれています。「大変だねー。いつもご苦労様だね」とか声をかけられたら嬉しくありませんか?それはあなたの周りにいる人も同じです。

何かお仕事をお願いしてやってくれることで自分の手間が省けたり、仕事の効率が上がったりするわけです。そして注意してくれる人がいることにも感謝しましょう。

苦手な人ほど挨拶しよう!

会社の中だとどうしても、苦手な人がいるものです。普通そういう苦手な人とは何かと距離を置きがちですが、実は大事なのは距離を取らないことです。

簡単なのは、とりあえず”挨拶しておく”ということです。

挨拶しないから、相手から挨拶されないですし、ますます嫌われたのかな・・・。と相手を不安にさせます。嫌いな人だから挨拶をしないのではなく、嫌いな人だからこそ挨拶しておくのです。それが人間関係を円滑にするために大事なことです。

給料よりもノウハウを持ち帰ろう!

会社での職務というのは、会社の売り上げを増やし、利益を得て、その対価として毎月の給料をもらっているわけですが、それは自分にとって何の利益になっているのでしょうか?

もっと志を高く持たなければ、ただ時間だけを切り売りするだけになってしまいます。その仕事をすることで自分は何を学んでいくか。そして、自分で学んだことが”ノウハウ”となって自分の財産になっていきます。

仕事日記をつけよう!

何か仕事で大きなミスをしてしまったとします。でもそういったミスって早く忘れ去りたいですよね?記録なんて取ろうとは思わないでしょう。学生の頃に赤点だったテスト結果用紙を捨てたりして、成績の良いものだけ保管しませんでしたか?

何が原因でミスが起こったのか、うまくいったのか、といったことが後々の財産になります。人は必ず忘れてしまう生き物なので、必ず記録しておきましょう!

それでも辞めたい!2年目でキャリアチェンジを成功させるためには?

2年目でも仕事がとにかく辛ければ、仕事があってない可能性があります。そういう時はまずは転職活動を視野に入れて見ましょう。

個人でいろんな企業を見て回るのも良いですし、転職エージェントなどの転職支援サービスを利用するのも良いです。

そういう採用担当の話を聞くことで自分の市場価値がわかることもあるので、とても参考になると思いますよ!

しかし、選考を受ける中で、もう少し現職で経験を積んだ方が良いという結論になる可能性もありますので、自分自信を見つめ直すこともしっかりしましょう!

仕事がつまらない・・・。などと感じる場合は、いわゆる”飽き”が来ていたり、単純な毎日で刺激が足りないことが原因だったりしますので、転職だけでなく、部署を異動したり、他にも手はありますので、信頼できる人に相談してみると良いかもしれません。

ただ、変に妥協で決めたりして、すぐに辞めてしまったりすると、「採用してもすぐに辞めてしまう人」というレッテルを貼られかねないので、決して焦らず、納得のいく決断をしましょう!

最後に

就職して2年目に訪れる”辞めたい症候群”についてお伝えいたしましたが、いかがでしたでしょうか?

私自身もその時期に思い切り悩んで、起業と転職をした身なので少しでも参考になればと思います。

また、何か気になることなどありましたらコメントなどお待ちしております!ではまた。

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です