今後のキャリアプランの形成に必要な3つの要素

近年のキャリア形成のあり方

社会人になると、会社での面接などで

「今後のキャリアプランはどうしていきたいですか?」

「5年後はどうなっていたいですか?」

などといった質問がよくあると思います。

ほとんどの人がその質問の対策として色々キャリアプランをどう答えたらいいか?を考えると思いますが、それでは会社の思う壺です。大きな成功を収める人は、会社のために質問の答えを考えません。

自分が本当に5年後どうなっていたいか?を考えているのです。

それに、転職活動などで、明らかな面接対策をすると、面接官も「あぁ、これは用意した答えだな」と見透かされてしまうことさえあります。

受かればいいということでしたらそれはそれですが、せっかくキャリアプランを考えるなら、自分のために考えてみませんか?

キャリア形成のプロセスに必要な要素

将来自分がどうなっていきたいか?ということを考えるのってとっても難しいことですよね。

しかし、難しいからといって、何も考えずにいると転職活動にも不利ですし、自分の進む道筋が定まっていないので将来的にも後悔することになってしまいます。

そうならないよう、最低限3つのポイントを抑えて考えていきましょう。

自分の夢と目標

まず、第一に自分の目標が定まっていないと人はうまく行動に移せない生き物です。自分が将来的にどうなっていきたいのか?実現したい夢がどんなものなのか?

達成したい目標は何なのか?といったことをしっかりと考えていきましょう。

具体的に掘り下げる思考力

自分が設定した夢や目標はもちろん、その目標を達成するためにはどうするべきなのか?何が必要なのか?どれくらいの期間が必要なのか?といったことを具体的に考えていきましょう。

特に、具体的に物事を考えるということは、転職活動の際に、転職する理由や、どの先のビジョンにも直結する内容なので、しっかりと考えてしていく必要があります。

変化に対応できる柔軟性

現代は、どの業界でもとても変化が激しい時代になってきました。

そうした変化に対応できずにいると時代に取り残されてしまいますので、頭でっかちにならず、柔軟に対応していく必要があります。

5年先、10年先の目標を設定することは無駄?

よく、転職活動の面接で「5年、10年先のビジョンは何ですか?」といった質問ってありますよね。

しかし現代はとても変化が激しくて、今、5年後や10年後のことを考えても、圧倒いう間に時代が変わって、その時の想定よりもはるか上をいく技術や文化が生まれていくわけです。

今でいうスマートフォンやAI(人工知能)などがいい例ですね。

そうした変化に対応していくためには、変化の見えない遠い未来よりも、変化に対応できる近い将来のことを踏まえてしっかりと考えて成長していく必要があるのではないでしょうか?

なぜキャリアプランを自分軸で考える必要性があるのか。

将来のことを考えるのってとっても不安ですよね。

現在の仕事で大丈夫なのだろうか?将来の自分は食いっぱぐれることなく生きていけるのだろうか?といった不安を解消するためにも、未来のキャリア形成を具体的に考えていく必要があります。

転職先とのミスマッチを防ぐ

キャリアプランは自分の転職活動や人生の指標を大きく左右するものです。自分の夢や野望を実現するためにもそうですし、そもそもあなたの考えているプランと転職先の会社と相性が合わない可能性もあるわけです。

逆に言えば、自分軸を捨てて、会社に求められるであろうイメージでキャリアを考えていると、その会社でしか通用しない人材になってしまいますし、自分を偽っているので成長スピードも遅くなり、結果として今後の人材需要には合わなくなってしまいかねません。

そうしたミスマッチを防ぐためにも、自分軸のポイントを抑えておきましょう。

自分自身が納得できる環境を探せる

会社軸で考えておけば、とりあえず採用はもらえるかもしれません。

しかし、そうした自分を無視した発言や考えって結局自分に嘘をついているので、精神的にもきつくなってその会社での仕事が長続きしなくなってしまいますよね。

できる限り自分が求めるものと、自分にとって必要な要素は何なのか?といったことを考えていく必要があります。

主体的に物事を考えられる

また、仕事をする上で、入社後に自分から主体的に仕事に取り組んでくれそうか?といった部分はとっても大切なポイントになってきます。

いわゆる受け身体質な人はビジネス上では毛嫌いされていますし、仕事である以上は結果が求められるので、受け身ばかりだと活躍する可能性って低いんじゃないか?と思われてしまうんですよね。

常日頃から、自分ならどう思うか?どう行動するか?といった軸を持っていれば仕事をお願いする上でもいいイメージを持たれやすいですし、転職活動においても重要なポイントになってきます。

自分軸キャリアの考え方

そうしたメリットを活かすために具体的なキャリアプランを立てていくための方法があります。

キャリアの目標を考える

スキルや環境、働き方の現状をまとめる

目標を達成するために必要なことを具体的に考えてリストアップする。

といった流れですね。

今まで自分が経験したことをまとめて、これから先どうなっていきたいのか?今後目指していくキャリアを考えて、実現するために必要なことを棚卸しすることができます。

それこそ目標を達成できなかったらそれはプランの意味がないですからね。自分が達成するためにどうしたらいいか考えていきましょう。

5つの考え方のポイント

  • 今後どうなっていきたいのか、どうありたいのか?を具体的に考える
  • 自分の強みと弱みを理解しておく
  • どんな働き方をしていきたいのか?プライベートと仕事のバランスを考える。
  • 将来的に、会社内でどうなるか?という考え方は不要になってくる
  • 転職だけではなく、副業や起業なども視野に入れる

また、このようなポイントを意識しておくと、もっと深く考えて自分のキャリアプランを想像できるのではないでしょうか?

自分が得意なことは何なのか?逆に苦手なことは何なのか?という部分は普段生活していく上でとっても大切なことになってきます。

それに仕事ばかりしているとプライベートが皆無になってしまう精神的にも肉体的にも大きな負担がかかってしまいますので、自分の理想的なワークスタイルを考えて、どうやったら実現できるか?といったこともとっても大切になってきますね。

楽しくシゴトをしていくために

人それぞれいろんな考え方があるので、どのキャリアプランが正しいか?と正解を見つけることはなかなか難しいです。

それよりも、どんなキャリアにしたいか?どんなワークスタイルにしていきたいか?といった想像できる部分で考えてみるともっと考えることが楽しくなってきますよ。

せっかく仕事するなら少しでも楽しく仕事ができる方がいいですし、ぜひ改めてキャリアプランを考えてみてはいかがでしょうか?

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です